落語日記

神田松之丞独演会 松之丞ひとり~夢成金 其の八 夜の部

日時:2017年8月26日(土)会場:イイノホール

春風亭一花「子ほめ」

神田松之丞「狼退治」
昼の部も三席、「(ネタ出しもされているし)客は求めてはいないけど、若手の独演会なんだから三席はやらないと、という考えで」とのことです。
らいへつ発売のCD「松之丞ひとり~名演集~」の先行販売とサイン会があって100枚売れたので、昼の部の後にその100人へのサイン会。
夜の部にもサイン会があるので合計8席やるようなもの。と言って冗談混じりのCD発売の宣伝も終了。
「宮本武蔵伝」の4話目、「狼退治」へ。
狼と武蔵が対決するスペクタクル。短いけど面白いですね。

神田松之丞「乳房榎」
落語でも聞いたことがあります。
圓朝作の怨念もので怖いやつです。会場も暗くなり怪談ムード。

筋は知っていたのですけど、
ぎゅぅーっと絞り込まれるような緊張感があって楽しく聞けました。

仲入り

神田松之丞「天一坊の生い立ち」
重信殺しで終わった「乳房榎」の続きを「通常の方法であれば4時間はかかるところを12分で」と言って、真与太郎による仇討ちまでを簡単に披露。続きがわかってスッキリしました(笑)

その後、二代目 神田山陽の「徳川天一坊」は江戸川乱歩が聞いて、気に入って楽屋に来たというエピソードなどなど「徳川天一坊」についての話から、その1話目である「天一坊の生い立ち」へ。

これまで落語はそこそこの数の噺は聞いたことありますけれども、講談は「慶安太平記(の一部)」くらいしか聞いたことがなかったので、どの噺もはじめて聞くのもあって新鮮ですごく面白いです。

松之丞さんは声がいい、顔がいい、性格もいい(のではと思う)、全般的に様子がいいです。
すっかり夢中になったので、もっと聞きたいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP