落語日記

神田松之丞独演会「講談春秋」番外編!

日時:2017年8月29日(火)会場:日本橋社会教育会館

田辺いちか「村越茂助 誉れの使者」

神田松之丞「安兵衛 駆けつけ」
宝井琴調先生を迎えて「赤穂義士銘々伝」から赤穂義士のひとり堀部安兵衛にまつわる三席を読む会とのことです。。

枕は新潟の新発田市で行われた武庸(たけつね)会のイベントの話。
これがTBSラジオで聞いていたような笑っちゃう愚痴っぽい話で結構面白くて笑ってしまいました。
「安兵衛 駆けつけ」はラストのバトルシーン「高田馬場の決闘」が迫力があってかっこよかった。
聞きながら絵を思い浮かべるような楽しみって話芸ならではで、贅沢ですよね。
ただ最後の方は「こんなに何人も切って刀切れなくならないのかな」とか思いながら聞いてしまいました(笑)

宝井琴調「安兵衛 婿入り」
完売御礼の会場を見渡して「こんなにお客がいるのはすごい」というハナシでした。
お客がいない木馬亭が舞台の小噺みたいな枕です。

「安兵衛 婿入り」は「駆けつけ」のラストとは一変したほんわかした話ではあるんですけど、話の後半は「高田馬場の決闘」へ。この構成はかっこいい、映画みたいです。
ほんと講談ははじめて聞く話ばかりで「この先どうなるんだろ」という楽しみが大きいです。

仲入り

神田松之丞「荒川十太夫(あらかわじゅうだゆう)」
仲入り後は照明が落ちて、ムードのある会場に。
まさかそんな結末が待っているとは、、、という噺で不覚にも泣いてしまいました。

義理人情が好きなんだなぁ自分としみじみ思いました。
「忠臣蔵」はいいなぁ。帰り道もしばらく胸いっぱいでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10…
  2. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3…

アーカイブ

PAGE TOP