落語日記

TBSラジオ presents 神田松之丞 赤坂独演会

2017年9月26日(火)会場:草月ホール

神田松之丞「問わず語り」
早々に売り切れて当日券で3階席を販売したとのことで、静かな熱気に包まれた会場が良い雰囲気でした。

TBSラジオ主催の会で、まるで松之丞さんのラジオ番組「問わず語りの松之丞」のような長い枕のようなトークから。
この番組が10月3日から復活するということで、非常にめでたいのですが、その顛末を何度も聞いたボヤキ節でかたるのでした。満員の会場はラジオのリスナーが集合した集会場の類でもあって、それは幸せな空間なのでした。

神田松之丞「天保水滸伝 潮来の遊び」
講談は堅い噺ばかりというイメージがあるかもしれないけれど、そうではない、と言ってから「潮来の遊び」へ。

落語で言う「明烏」のような噺で、もちろん同じ噺ではないのでフレッシュだし、大笑いしてしまいました。客席もドカンドカンうけていました。「女郎買いの向こう側へ行ける」なんてフレーズがすごく楽しい。

仲入り

神田松之丞「中村仲蔵」
いきなり7歳の仲蔵が「芝居なんてやめろ」と諭されるシーンと、斧定九郎の役が決まり金井三笑への怒りをあらわにしているシーンを続けつつ、「中村仲蔵」の地語りを始める構成がかっこよかった。

落語の「仲蔵」は大好きな噺の一つなのですが、講談になってもそのエモーショナルな部分はそのままに、講談ならではのトーンが加わって味わい深い一席でした。

ものすごい熱演に静まり返る会場がまさに松之丞さん演じる仲蔵が演じる斧定九郎の姿と重なる、というややこしいですがわかる人にはたまらないところです。

今日もまたすぐ聞きたいなぁと思う高座でした。ラジオも楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12月24日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12…

アーカイブ

PAGE TOP