柳家花緑

神楽坂劇場二人会 柳家花緑・古今亭菊之丞二人会

神楽坂落語まつり 神楽坂劇場二人会 柳家花緑・古今亭菊之丞二人会
2009年3月5日(木)会場:新宿区箪笥町区民センター

18時30分からはじまる落語会。
会場の都合もあるのでしょう、でもぼくの定時は18時45分なのです。
でも、もう慣れました。
遅れて入って周りに迷惑かけないようにだけ気をつけてます。
(開口一番と柳家花緑「粗忽長屋」は聞けてません)
古今亭菊之丞「妾馬」
会場入りすると菊之丞さんの高座中だったので
ロビーのモニターで聞きました。
時間的には仲入り中かな、と思うくらいだったのですが、
噺の方は八五郎が屋敷に入るところ。けっこう序盤です。
酔っぱらった八五郎が
「こんなに酔っ払って会見に出たらマズい」なんてトコで爆笑。
泣きの部分もキッチリと聞かせてくれて、なかなか良かったです。
仲入り
古今亭菊之丞「町内の若い衆」
良くできたのと出来の悪いお上さんのコントラスト。
丁寧でキッチリしていて、分かりやすさ
サゲの意外さが楽しい落語ですが、
お上さんは確信犯でギャグとして言ってるんですかね。
ま、それはそうだよな。強烈なギャグマンであります。
柳家花緑「明烏」
菊之丞さんと歳は一つしか年が変わらないのに、
むこうはズイブンと老けている、と言って場内も同意した笑い。
9歳で落語を初めて、初めは何を演ってもウケるし、
褒られたけれども、大人になったらそうはいかない。
楽屋でも「若旦那」なんて言われていたけれども、、、
という枕から若旦那が逆襲する噺へ。
逆襲というテーマを見いだしているのは花緑さんならではですよね。
ま、基本はカラっと笑えるエロ滑稽な噺です。
楽しいですね。
やっぱ古典落語はイイですな。

管理人の独り言
僕らのミライへ逆回転」ですが「見てから返そう」と5日間も延滞して、ようやく見ました。
ちょっと「ブルース・ブラザース」みたいな展開で楽しいです。
ラストがね、良いですね。「リアルよりリアリティ」って言うヤツですかね。ちょっとだけですが泣いちゃいました。
「どん底」な設定でも明るく愛しく思えるのは、ジャック・ブラックの存在が大きいのかな。

「僕らのミライへ逆回転(DVD)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP