柳家喜多八

特選落語会 喜多八・菊之丞の会 二人のヤル気を見守る会

特選落語会 喜多八・菊之丞の会 二人のヤル気を見守る会
2009年12月6日(日)会場:日本橋教育会館

開口一番:三遊亭歌る美「初天神」
高座で聞くのは2度目かな。
こんな前座さん多いんだよなァ。
柳家喜多八「鰻の幇間(たいこ)」
いつものようにダラダラ〜とした感じで高座へ。
「更年期障害なのか、さいきん急に
体温が上がる時があって、、、
だから夏の噺を演ります」とか、
良く分からない前振り(笑)
唐突すぎて、これにはお客さんも
圧倒されていたかもしれません。
喜多八が生まれ育った高田の馬場には、
最後のタイコモチ=幇間と言われる人がいて、と
「本来、幇間は」というハナシ。
宴会の幹事のように、その場を切り盛りして、
自分の芸でも場をつなぐことができるような
芸人のことを言ったのだとか。
で「でも中には、どうにもならない
野太鼓というのもいて」と噺の方へ。
パーパーうるさい野太鼓の一八が、
喜多八さん演じるオッチョコチョイな
江戸っ子にハマっていておもしろい。
ま、喜多八さんを久しぶりに聞いたし、
あまり追いかけいる訳じゃないから
何とも言えないんですけど、
こうダイナミズムが以前より強調されているというか、
ときどきガチャガチャしてる感じでしたかね。
古今亭菊之丞「二番煎じ」
いきなり真夏の噺を持ってこられても、
かまわず真冬の噺が続くというのもすごいです。
スッキリきれいに聞かせてもらい、
最後は、みんな良い感じに酔っぱらっていて、
ドタバタでやっぱり笑っちゃいました。
あの、ソウスケさんて言うのは、
年はいくつくらいの人なんでしょうねェ。
ちょっと気になっただけです。
仲入り
古今亭菊之丞「紙入れ」
入門して前座になると、師匠ごとにクセがあって、
ぜんぶ理解しないといけないですよ、なんて
言われて育つんだそうです。
師匠の円菊さんが「火焔太鼓」のサゲの前で
入れ歯が外れたことがあるとか、
おもしろすぎるエピソードから「紙入れ」へ。
少しウブというか真面目な新吉、シタタカなお上さん。
鈍感だけど良い人の旦那と三者三様な姿がおもしろい。
自分のことを(自分のことだって気づかずに)
野暮だって言っちゃう旦那のかわいらしさ。
だまされているとは知らず、
相談にのってやってるんだから、まァ良い人ですよね。
柳家喜多八「明烏」
郭(くるわ)・遊郭がなくなって四半世紀。
郭というのは人情を磨く場所で、
だから勉強だと思って、みんな一生懸命通うんです、
なんて冗談から。
ゲンベエとタスケが、良い感じに
実にイキイキしていて、楽しかったですね。
前編にギャーっというテンションが
散りばめられた熱演でした。
登場人物が必ず一つはギャグとしてハマっていて
ダレないし飽きないんですよね。
シンプルで良くできた噺だな、と思います。
この噺のコレっていう、好きなところは
「お巫女頭」と「元禄の時分からあそこに」
なんてあたりですかね。
仲入り後が「紙入れ」と「明烏」って、なんか良くて、
長さも2時間ちょっと、こういう会がうれしいですね。
いわゆる長講の大ネタが飛び出すような会じゃなくて、
コンパクトにまとまっていたのが良かったです。
もう3時間30分とかは朝日名人会とかだけで
十分かな、っていう。

管理人の独り言
の銀杏BOYZの新曲がリリースされましたね。同名の映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の主題歌ということなんですが、主演は銀杏BOYZの峯田君、ヒロイン役が黒川芽以なんですよね。
あの童貞映画の名作「グミ・チョコレート・パイン」のヒロインです。
あれ見たら、この人しかいないような気がしますねェ。黒川芽以、黒川芽以、黒川芽以ですねェ。やっぱ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP