古今亭菊志ん

東京マンスリー7ヶ月目

東京マンスリー7ヶ月目
2008年8月29日(金)会場:ブディストホール
今月も行ってきました!東京マンスリー。
開口一番のあとは、恒例のアンケート・トーク。
何かというと、毎回のアンケートの回答を集計したり、
そういった内容でイロイロ語るってコーナーです。
あとは円楽襲名のハナシ。
古今亭菊志ん「お菊の皿」
はじめて、お菊さんを見て怖がる男、
「こわいこわいこわいこわい、、、」
「でも明日も行く」なんて、変すぎ。
そして売れてクドくなったお菊さんは
ホームページを持ってる(笑)
「命あるかぎり数えます」のキャッチフレーズは
二段階のギャグ。笑いますね。
古今亭菊志ん「花見小僧」
主人や番頭から問いつめられて、
「(それは)忘れました」なんて、
とぼけた切り返しをする定吉が
子どもらしくてかわいいですね。
落語は定吉がかわいいのがイチバンですな。
仲入り
古今亭菊志ん「唐茄子屋政談」
徳が心配でロクに寝られなかった叔父さん、
強がって「オリンピック見てた(から寝てない)」だって。
吉原田んぼで、売り声の練習をしながら、吉原のことを思い出す徳。
楽しかったことを思い出して、突然グっと切なくなったりする。
情けなさ、辛さがこみ上げるような表情。
一瞬の芝居だったけど、緊張感があって良かったんじゃないですか。
来月は、祝日23日の開催です
ネタは「文七元結」「あくび指南」「幇間腹」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年1月1日~2018年1月7日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12月24日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年1月1日~2018年1月7日…
  2. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12…

アーカイブ

PAGE TOP