笑福亭鶴光

大銀座落語祭2008 米團治への道/可朝・鶴光二人会

大銀座落語祭2008 米團治への道/可朝・鶴光二人会
2008年7月19日(木)会場:博品館劇場

朝日名人会からハシゴで参加です。
が、朝日名人会の終了がこっちの会の開始に割り込んでしまう、
という予想外の事態にあせりました。


第一部 米團治への道
桂吉坊「商売根問」
というわけで到着すると噺の終盤。ちゃんと聞きたかったなァ。
桂小米朝「青菜」
マクラでは桂米團治襲名のハナシ。米團治って大きい名前なんですね。
勉強になるなァ。あと上方の「青菜」が聞けたのは良かった。
仲入り
林家いっ平「浜野矩随」
バーターでちょいちょい入ってくる海老名家枠。
マクラでは再三、ヒザ立ちでドヤ顔。
なんだかなー
桂小米朝「景清」
マクラは大銀座落語祭2008フィナーレの「勧進帳」のハナシ。
「景清」は、雷が落ちる場面、鳴り物が入って派手に。
小米朝さんによる雷の表現は「ドカーン!」これにはビックリ。


第二部 可朝・鶴光二人会
楽しみだったのは、こちらの会。
笑福亭学光「試し酒」
1年ぶりの学光さん、去年の腹話術落語が好きだったんだけど、
今回はいわゆる普通の落語でした。
前の2人がアレだったらから、安心して聞けるなァ。
ギャグがチョイチョイ入る落語は師匠譲りですかね、楽しかった。
落語会らしくなってきました!
笑福亭鶴光「竹の水仙」
「浜野〜」もあったので、
ネタがちょっとカブってる感じもあったけど特に問題ないです。
ギャグをたたみかけつつ、スっとストーリーに戻って進行する。
ハナシがとびまくってるように思う人もいるのかな。
アラスジ+爆笑という感じ。僕は大好きですけどね。
月亭可朝「狸の賽(たぬきのさい)」
漫談メインですね。
ノックさんのハナシなどお洒落なハナシも。
しかし落語が前座噺をサラリと、こちらは割と普通だったかな。
落語の後はギター漫談もサービス。
終演は21時30分過ぎ。
朝日名人会からぶっ通しで7時間30分の落語体験でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP