春風亭小朝

春風亭小朝独演会

春風亭小朝独演会
2008年5月4日(日)会場:横浜にぎわい座

昼夜と公演のある春風亭小朝独演会へ。
出かけたのは昼の部です。客席の年齢層は高め。
開口一番:瀧川鯉斗「転失気」
「名古屋で暴走族をしていた」という枕から。
笑いが多い噺なので、ほがらかなムードでした。
落語の方の言葉も若い感じでした。
春風亭小朝「試し酒」
たたみかけるようなギャグの枕で
会場をじゅうぶん温めてから噺の方へ。
ちょっと寝不足で聞けなかったのでした(素直に書いてしまった)。
酒を飲む場面、シンプルな技術が光っていたなァ。
いや、ん〜寝てたんだから
アテにならないこと書いてるな。
仲入り
林家木久蔵「竹の水仙」
めくりに木久蔵の名前があるのは知っていたので、
大して驚かなかったけど、
ネタがけっこうイイハナシだったのが多少意外でした。
まー落語の方はね、なんとかならんのでしょうか。
料金外なんで別に良いですが。
春風亭小朝「子別れ(下)」
連休のお客さんを満足させるべく、トリらしいネタなのでした。
40分くらいの「子別れ(下)」は、
お腹いっぱいになりすぎるでもなく、
ほどよい満足という言葉があっているんじゃないでしょうか。
足し算も引き算もないです。
あとは確かな技術だなァ。
こちらは素直に噺に身をまかせて、
笑ったりホロリとしたり。
終演後は、そんなお客さん達の満足気な表情が印象的でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP