立川談志

新春たちかわ寄席 立川談志一門会

新春たちかわ寄席 立川談志一門会
2011年2月20日(日)会場:アミューたちかわ 大ホール
大きい会場ですねェ、ほぼいっぱいのお客さんでした。
立川談修「身投げや」
いつもの談修さん、
初めて聞いたときからそんなに変わらないですよね。
きれいな落語です。若いのにジジくさいというか。
立川談笑「粗忽の釘」
めずらしく過激な枕もなく、そのまんまネタへ。
立川志らく「看板のピン」
相撲の枕、(林家)三平結婚のハナシから、
「ギャンブルと言えば」と
前座時代、談春さんに賭けダーツで
3億円以上勝ったことがある、という冗談から噺の方へ。
ここまでそんなにウケていなかった会場が
ドカンと沸き始めましたね。
「土井の凹まし」という必殺技を持っている親分は、
ちょっとカッコいいところがセコい男と対照的です。
そして私たちが思った通りに失敗してしまう
オウム返しの「看板のピン作戦」。
なんなんでしょうね、このオモシロさって。
博打場の友達もお客さんもバカなやつに
付き合ってあげている、みたいな、
「ばかだなぁ」って笑えるかわいらしさが素敵でした。
仲入り
立川談志「明烏」
ゆっくりと登場して深々とお辞儀をする
家元に大きな拍手。
復帰してしばらく経ちますが、
この日もピンマイクを付けての高座。
もしかすると、もうノドはこのままなのかもしれないですね。
桂文楽師匠の十八番を文楽師匠
そのままに演ります、といって「明烏」へ。
淡々と落語のリズムや美学が感じられる
古典を演るのがいまの家元です。
中継ぎから吉原にかかるあたりの表現で景色が浮かぶし、
世が明けた後の吉原の朝のスケッチ
(「フラれた奴がおこし番」)も良いですよね。
そうか、言葉では聞いていたけれども、
この歯磨きをしている男は、たんなる吉原の客で
ゲンベエでもタスケでもないんだ、、、という確認。
ここで全然別の人が出てくると、
なんとなく世界が広がったような感じがしていいですよね。
シンプルきわまりない高座に
割と素直な反応、素直な笑いがあって、
心地よく過ごせました。
あまり理屈はないんですけど、
古典落語の力というはすごいなぁと思った会でした。

管理人の独り言
延期になっていたんですがようやく発売になったサンボマスターのベスト盤が良いですね。良すぎます。
DVDがスゴいんですよね、初回版にしかついてないと思うのでお好きな方は(もうもってると思いますけど)お早めに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年5月28日~2018年6月2日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年5月21日~2018年5月27日)
  3. 落語チケット発売情報(2018年6月4日~2018年6月10日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年6月4日~2018年6月10…
  2. 落語チケット発売情報(2018年5月28日~2018年6月2…
  3. 落語チケット発売情報(2018年5月21日~2018年5月2…

アーカイブ

PAGE TOP