立川談春

高田文夫プロデュース 白鶴寄席

高田文夫プロデュース 白鶴寄席
2007年9月29日(土)会場:ニッポン放送 イマジン・スタジオ

抽選で当たった人を招待というイベントです。
幸運にもお誘いいただき、行ってまいりました。
イマジン・スタジオに座布団を敷いて、
みんな行儀良く座っております。
挨拶:高田文夫・増田みのり(ニッポン放送アナウンサー)
高田先生が挨拶からギャグの連発。
大爆笑だったけど、内容はとても書けない・・・(笑)
抽選で「開口一番の高座に上がれる権利」が
当たった素人さんによる小噺。
三遊亭白鳥「シンデレラ伝説」
大真打ちの白鳥師匠は「素人との違いを見せます」といって、
同じ小噺を演ったのだけれど・・・客の反応は微妙。
しかし白鳥さんの愛嬌というか、愛されオーラは、
すごいモノがありますな。
林家たい平「不動坊」
明るくて、楽しい高座。
噺に散りばめられた、たくさんの「笑点ギャグ」は、
ヤヤウケという感じ。反応は微妙でした。
客席の大半は、落語ファンと
高田先生(ビバリー昼ズ)ファンらしい。
立川談春「禁酒番屋」
「このために昨日、お酒にまつわる噺を
覚えてきました」とドヤ顔で言われた客は「シーン」。
しかし「ここは拍手だろ」とおどされ、ようやく万雷の拍手(笑)
噺の方は「私が演ると上品になります」といって「禁酒番屋」へ。
ネタおろしが聞けるなんて贅沢でございました。
わりと普通に演っていたのかな。
「しょんべん」を「おしっこ」とカワイク言い換えしたあと、
番屋の役人が「おしっこって言っただけじゃねぇか」とツッコミ。
みょうに笑ってしまった。
対談・鏡開き
出演屋による樽酒の鏡開きのあと、大爆笑のトークへ。
たい平さんの師匠・こん平さんの酒にまつわるエピソード。
白鳥さんの極貧時代におきた漫画みたいな逸話の数々。
ツマミにしていた味噌を、テレビに塗られたり、
高田先生にメチャクチャにされてしまったハナシ。
白鳥さんが「ぼくのオツマミを・・・」と言ったのに反応して、
「オツマミ」が高田先生のツボだったらしく、
しばらく「オツマミ、オツマミ」と爆笑していた。
まぁ笑った笑った。
その後は、白鶴さん提供による日本酒の試飲会と、
出演者のサイン会。
おまけに日本酒のお土産もいただきました。
良いことずくめの白鶴寄席でございました。
ビバ白鶴。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年10月15日~2018年10月21日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年10月15日~2018年10…

アーカイブ

PAGE TOP