立川談春

石和ざぶとん亭 立川談春・松村邦洋ふたり会

石和ざぶとん亭 立川談春・松村邦洋ふたり会
2007年11月3日(土)会場:鵜飼山遠妙寺

行ってきました!山梨は石和(いさわ)温泉。
「意外と近い石和温泉」とは本当でした。
国立から高速に乗ったのが朝の10時。
12時過ぎに石和に着いて、ブラブラと。
静かでいい街ですなァ、良く晴れているせいか、
空が高くておっきい。
「小作」でほうとうを食す、うまい。
そのあとは足湯でノンビリ。
開口一番:寒空はだか
短めの開口一番、シメは「東京タワーの歌」。
好きだわ、この歌。
お楽しみ対談:高田文夫、立川談春、松村邦洋、神田京子
高田先生、出てくるなり「どうも金平会長です」だって。
いつもの調子で爆笑の連続でした。
結婚相手が詩人、という神田京子さんがイジられまくる。
高田先生「詩人に明日はない」って、言い過ぎでしょ。
しかしキチンと結婚興業(なんだそりゃ)
「ケッコン(仮)面」のプロモーションになったわけで、
みんな優しいひとばかりだ。
神田京子「講談」
短めの講談を3つほど。
「森のクマさん」「浦島太郎 英語バージョン」
「忠臣蔵ショートバージョン」
講談って、たいてい飽きちゃうんだけど、
元気があって、かわいいし、おもしろかった。
松村邦洋「漫談」
「モノマネ・プロジェクトX」と称して、
これまでのモノマネの歴史を語る。
スクールウォーズ、事故前後のビートたけしから、
最新ネタの安倍元総理まで。
仲入り
立川談春「紺屋高尾」
今日は、どのネタなんだろうって、
アレコレ考えすぎてたんですがシンプルに十八番の登場でした。
何度聞いてもイイなァ。
聞かせるところ、笑いを入れるところ、
バランスが良いし、
ドンドン引き込まれて「久さん元気」のラストまで。
いつでも新鮮な感動があります。
最後は、出演者全員が再登場。
高田先生、「Alwaysの次にいいハナシだな」だって。
みんなで3本締めして終了でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年10月22日~2018年10月28日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年10月15日~2018年10月21日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年10月22日~2018年10…
  2. 落語チケット発売情報(2018年10月15日~2018年10…

アーカイブ

PAGE TOP