立川談志

新春初笑い 立川談志一門会

2007年1月19日(金)会場:練馬文化センター大ホール
練馬駅前にある1500人くらい入る大きなホールでの一門会。
出演は、立川志の吉、立川談笑、立川談春、立川談志(出演順)。
豪華です、そりゃぁお客さんもたくさん入ります。
2階で見てる人は、遠くてたまらないだろうな、
と思うほど高い場所から見下ろしてる。
立川志の吉「一目上がり」
元気な八っつぁんに、ちょっと目つきの気持ち悪いご隠居さんが、
なんか変わってる(笑)
立川談笑「百川(改)」
叙々苑でバイトしているベトナム人が
お客の暴力団と繰り広げる、滑稽ストーリー。
この人がやる「外国人日本語」とか、津軽弁とか、
最高に楽しい。見るたびに「もっと」見たいと思います。
来月の独演会は行ってみよう。
立川談春「小言幸兵衛」
お〜昨日、志らく師匠の「小言幸兵衛」を聞いたばかり。
つい、この前「ねずみ穴」でおなじパターン(志らく師匠を
聞いてから談春さんの同じネタを聞く)だったけど、
今回は志らく師匠の勝ち。って単に好みの問題ですけどね。
立川談志「やかん」
ん〜すごい「やかん」があったものだ。これは、はい。
「思考ストップ」という逆説的ともいえる知恵を説くご隠居。
迫力がありました。そして面白かった。
木村万里さんが、en-Taxiで「(一般人にとっては)
落語が実生活に役立つかどうか(が大事なの)だと思う」
と書いていたのを見て、本当にそうだなぁと感心したんです。
全くその通りだとおもうし、だからなおさら、
家元(談志)の落語を楽しめるという人々の
なんと幸福なことかと思いました。
落語を聞くと、たまには生きるということを
問い直すことになるなぁ。たぶん。
自分に分からないことは書かない方が良いので、
このへんで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP