立川談春

五代目 桂米團治襲名記念落語会

五代目 桂米團治襲名記念落語会
2009年2月12日(木)会場:恵比寿ガーデンホール

「恵比寿ガーデンプレイス15周年記念」と銘打たれた、この公演。
15年もたつんですねェ。最近、来ないなァ。
(遅れて到着、開口一番:桂二乗「牛ほめ」は聞けず。)
桂団朝「寄合酒」
大きいのに客席の反応の返りがドっと沸いたように感じる会場です。
上方落語らしい笑い笑いの連続。
桂南光「初天神」
米朝一門の総領である南光さん。
じぶんが「べかこ」から南光を襲名した時も
東京で襲名披露の会をしてもらって、
先代の小さん師匠に出演してもらった。
小さん師匠の機嫌が良く、打ち上げまで来てもらったが、
そこに酒に酔った家元(談志)が登場し、、、なんてハナシ。
このエピソード「人生、成り行き-談志一代記」に書かれてますね。
高座の方も爆笑また爆笑と言った形で、
結果的に、この日イチバン笑いが多かったんじゃないでしょうか。
立川談春「天災」
「この後には人間国宝がご高覧です」とうれしそうに言いながら
「一応、自分も呼ばれてきたんですけど」なんて一言に
ドッカンとウケる会場。笑う気も笑わせる気もマンマンです。
乱暴な江戸っ子が大暴れする「天災」で上方落語を迎え打ち。
なかなか爽快な八五郎でしたね。しかし乱暴だよなァ。
ゲストの役目じゅうぶん、
談春さん目当てのお客も喜んだんじゃないでしょうか。
仲入り
口上:団朝(司会)・米朝・談春・南光
ついに「ご開帳」となった人間国宝。
とにかくオモシロいですよねぇ。
「息子だから褒めてあげたいけど褒めすぎるのはヘンだし、
弟子だけど厳しくしすぎるのは(息子だから)かわいそうだし」だって。
談春さん。
「本来なら(柳家)花緑さんや(林家)たい平さんが座っている
ポジションかと思うのですが、
なぜか立川が(翌日の志の輔さんとあわせて)二人も」と言うと、
壇上も客席も爆笑。
そして「糖分と塩分で元気になれる」という
米團治さんのヒトコトが発端で、コーラを飲み続けた
花緑さんの災難エピソードを披露。ドッカンとウケたのでした。
南光さんの長めのトーク。
「米朝一門の襲名は立川に乗り込まれる」といって、
隣の談春さんがアタフタする小芝居を引き出したり。
うちの一門は(米團治さんのハナシを聞いても)
コーラを飲む者はいませんでした、とか言って
キッチリ笑いをさらいます。他にもスベらないハナシが次々と。
桂米團治「七段目」
「東京は派手な襲名が続いているんだから」と、
ざこばさんから襲名を勧められていた、というハナシ。
米朝襲名はハナシだけで終わったとのこと。
噺の方は芝居噺です。
前にどこかで聞いた時よりもパワーアップしてました。
クライマックスのお軽と平右衛門の芝居ですが、
ずっと何で揉み合いになるのか、ようやく分かりました。
なんか今までタダ何となく聞いてたんですねェ。
あとサゲがアベコベです。これは「米朝の型」なんだそう。
Wikipediaって便利だなァ。
噺の途中で、実は父親は芝居にそこそこ詳しい
(息子ほどじゃないけど)っていう仕込みがありましたね。
そんなこんなで華やかで楽しい会でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP