立川流

赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご

2015年9月28日(月)会場:赤坂ACTシアター

立川志の輔「大忠臣蔵〜仮名手本忠臣蔵のすべて〜」
「スーパームーンの夜にお越しいただき」という始まりから、
「中秋の名月」は旧暦の8月15日、秋の真ん中だから「中秋」という話。

そして本台である「赤穂事件」と「仮名手本忠臣蔵」は違う、
「仮名手本忠臣蔵」は人形浄瑠璃からはじまったフィクション
という前提を説明し、舞台後方のスクリーンに
歌川広重の浮世絵を映しながら全十一段の解説へ。

途中、七段目は落語の「七段目」に出てくる場面を演ってくれたので、
何度も聞いていた噺ではあるんですが、初めて意味が分かりました。

これはうれしかったです。
他にも、なるほど、というハナシが続いて、長いけど飽きなかったです。

仲入り

立川志の輔「中村仲蔵」
後半(第二部)は「仮名手本忠臣蔵」の
五段目が舞台になっている「中村仲蔵」です。

仲入り前に、十一段すべてを説明していかに
五段目がドラマがなく重要でない場面か、というハナシから始まります。
この説得力はすごかったです。
そして「中村仲蔵」、ACTシアターの照明を使った演出。

この「仲蔵」は出色の出来ですよね。
いつ聞いても、すごいなぁと思います。

内容やドラマが(それほど)ないものを、
いかにもあるように聞かせてしまうというすごさ、なのかなと思います。

管理人の独り言
この公演はすごいです、また6月だったかに再演されるので、まだ見られてない方は是非行って欲しいと思います。会場が広いですけど、席種はそこまでこだわらなくても大丈夫かな、と思います。たいていどこも遠いですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年5月21日~2018年5月27日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年6月4日~2018年6月10日)
  3. 落語チケット発売情報(2018年5月28日~2018年6月2日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年6月4日~2018年6月10…
  2. 落語チケット発売情報(2018年5月28日~2018年6月2…
  3. 落語チケット発売情報(2018年5月21日~2018年5月2…

アーカイブ

PAGE TOP