立川志らく

下丸子らくご倶楽部 (2006年12月)

下丸子らくご倶楽部 (2006年12月)
2006年12月15日(金)会場:大田区民プラザ
毎月開催、立川志らく・柳家花禄二人会。
地元の方が多くお客さんでいらっしゃるようで、
アットホームな独特の雰囲気がとてもあたたかい、
特別な会です。
まずは、志らく一門、花禄一門の前座・二ッ目による、
「若手バトル」がスタート。
前座・二ッ目が3人登場し、客が採点し、勝者を決めます。
今回の出場は、立川志らべ、立川こらく、
台所鬼〆(おにしめ)のみなさん。
このところ急速に面白くなってきているのが 、志らべさん。
これはひょっとするなと思ってたら、今回の勝者に。
二ッ目の鬼〆さんに勝っちゃった。たぶん僅差ですけどね。
すごいこと。
志らくさん、花禄さんによるオープニングトーク。
「あ・うん」の話をしている志らくさんは、
ほんとうに楽しそうで、幸せそうな表情なので、
いやがおうにも芝居への期待は高まります。
そのほかの話は、、、危ない内容で書けません(笑
花禄さんが半泣きになってました。
柳家花禄「粗忽長屋(そこつながや)」
よく考えたら、この噺をちゃんと聞くのは初めてでした。
「粗忽者」の異常さもすごいけど、考えれば考えるほど、
いや、よく考えなくても、この噺は異常だとおもう。
というか、この噺の粗忽者が異常なのか。
リアリティがゼロだもの。
立川志らく「親子酒」
この噺もはじめてかも知れない。そんなはずないのかも
知れないけど、なんでしょうね(なんだそりゃ)。
ぼくは志らくさんが酒を飲む仕草の後にみせる、
「なんともうれしそうな顔」のファンです。酒の飲めない
ぼくでも喉が渇いてくるようで、たまらなくなります。
そういえば最近「包丁」は演らないのだろうか。
柳家花禄「野晒し(のざらし)」
花禄さんの八五郎がはしゃぎまわる、楽しい噺。
花禄さんは、なにをやっても品の良さが残るんですかね。
下世話な噺なのに、さっぱり・すっきりとした笑い。
後味よし。
立川志らく「寝床」
志らくさんの今年最後のネタは、「下手な義太夫」を
めぐるパニック映画のような「寝床」でした。
終わった後、今日は笑ったなぁと、一息ついてしまう感じ、
久々に味わいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10…
  2. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3…

アーカイブ

PAGE TOP