立川志らく

下丸子らくご倶楽部 (2007年8月)

下丸子らくご倶楽部 (2007年8月)
2007年8月24日(金)会場:大田区民プラザ

先月は仕事で出かけられず、
一月ぶりの下丸子です。
若手バトルの終盤、
志らべさんの「牛ほめ」の途中で入場。
志らく師匠、花禄さんによるトーク。
このトーク聞くのが3月以来でした。
ちゃんと間に合うように来なきゃいけませんね。
話のメインは、志らく師匠のラスベガス珍道中。
イキイキと楽しそうに語る志らく師匠を、
下丸子の明るい笑い声が暖かくつつむ。
このリラックスムードは、この会ならでは。
柳家花緑「二階ぞめき」
初めて聞きました、この噺。
吉原好きの若旦那のために、
家の二階に吉原をつくっちゃうなんて、
完全に狂気の沙汰ですな、かるい衝撃でした。
花緑さんの若旦那の品の良さ、
番頭のいい加減さなんかが楽しい。
この噺は、家元(談志)や
志らく師匠でも、ぜひ聞いてみたいなァ。
仲入り
三遊亭遊馬「佐野山」
ゲストの遊馬さん。
体も大きければ、大きくてよく通る声、楽しいギャグ。
感度良好の下丸子のお客さんは、
大いにウケて、楽しんでいました。
もちろん、ぼくもです。
ちなみに「佐野山」という噺は、
親孝行だが相撲はめっぽう弱い
関取の「佐野山」と、歴代最強の
人情横綱「谷風」の物語。
いいハナシでした。
立川志らく「笠碁」
奥さんとのハリウッド・ラスベガス旅行帰りで、
久しぶりの落語。顔は日焼けして真っ黒です。
「笠碁」。日ごろ「待った」だらけの
碁を打っている二人の噺です。
といっても(待っただらけなので)
勝負のつかない勝負で延々楽しんでいる訳で、
もう、なんだんだ、そりゃ、という感じ。
そんな二人が勝負によってケンカ別れ。
ほどなくして再生する「美しい友情」が、
サゲの「待った」にこめられている様で、
これは良いサゲだな、と思いました。
大好きな下丸子で、
普段あまり聞けない噺が三席きけて良かった。

●ネットで見つけた、お客さん-順不同です-
RA-KU-GOさん

おつかれさまです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP