立川志らく

rakugoオルタナティブvol.5「柳家と立川」

2011年7月16日(土)会場:草月ホール

ぴあ主催の落語会です。
この日は2回公演で昼のテーマは「マクラ王」。
そっちは行ってません。

両方の会ともそうだったようなのですが、
仲入り後は出演者による対談とのことでした。
なので一席づつの二人会です。

柳家さん弥「夏泥」

立川志らく「らくだ」
「談志・志ん朝二人会」とか同格の人がやるのが二人会で、
(さん喬師匠との二人会)は無理がある、なんて冗談から。

次回の「柳家と立川」は喬太郎・談笑二人会と知って、
「談志・喬太郎じゃないのか」というツッコミは本当にそうですよね。
もちろんあり得ないでしょうけれども。
(じゃぁなんで、さん喬・志らく二人会は実現しちゃったの、となりますけど)

ネタは「らくだ」でした。
一席づつとも思っていなかったですが、
「金明竹」とか「看板のピン」かなぁと漠然と思っていたんですよね。
理由はあんまりないです。

柳家さん喬「井戸の茶碗」
すごく久しぶりに聞く、さん喬師匠の落語です。
「さん喬・喬太郎二人会」で聞いたことがあるネタですね。
その時は腹抱えて笑った記憶があります、それも直前の高座で
喬太郎さんがドガチャカにした後ですから、
その時は「これはすごい」と素直に思った記憶がありました。

キレイでシットリとしたトーンと、
イキのいい江戸っ子が印象的な高座、

ギャグは不思議と駄洒落でしたね。

仲入り

さん喬・志らく「対談」
主催の方の司会ともつかない進行で進む対談です。

「立川流の勢い」について。
さん喬師匠が主催者に語ったのが「柳家と立川」の
発端だというようなハナシから。

さん喬師匠
「寄席は多くの師匠の世話をして面倒を見なくちゃいけない、それは良いこと」
「立川流は師匠のことだけを見ていればいい」
「そこでオリジナリティのある落語家が生まれているのも事実」
というお話でした。

これについて志らく師匠は
「立川流に勢いがあると言っても売れているのはごく一部」
「そうでない立川流の噺家は寄席修行をして落語の基本を学んだほうが良い」
と言うようなお話をされていました。

現代の落語家の「けれん」について。
(「けれん」とは奇抜な演出や邪道みたいなことを意味する言葉のようです)
とある楽屋で権太楼師匠が(おそらく)談笑さんに向かって
「けれんはイヤだね」と伝えようとしていた、について
志らく師匠から(その現場にいた)さん喬師匠に質問されました。

「その場限り」のもの「言葉で笑いをとる」のが
「けれん」だという解釈のようです。
「ウケるために何をしてもいいわけではない、
落語は笑わせたり、笑うため『だけ』にあるわけじゃない」
というようなお話でした。
さん喬師匠はサラリと、志らく師匠のことを
「本格派でやっている」と評していましたね。

この会が決まった時点で思っていたのは、
なんか違和感あるなぁと。

ファンからすれば実は捉えようによっては
大きな違いを感じないお二人だけれども、
(キャリアはもちろん違いますが)
でも一方で水と油くらい違うという印象がありました。
そんなお二人の何が違うんだろう、とか考えたりして聞いていました。

ちなみに全体の印象として
さん喬師匠は柳家小さん直門の弟子として
落語協会の看板として発言していたように思いますが、
志らく師匠は立川流を代表して発言しているわけではありませんでした。

ふと思ったのは、
お二人は「おっしゃっていること」は近い。
でも「やってきたこと、やっていること」は全然違うのかなぁ、と。

さん喬師匠は「お客様が落語を元に戻すことができる」と
さかんにおっしゃっていました。

むりやりロジックにすると「けれん」の多い落語から、
そうでない伝統芸としての価値が残こり続けるためには、
お客がそれを支持しないと、という意味だと思います。
(ソコまでおっしゃっていないので勝手に補完したんですが)

そして
「寄席がおもしろい(ホール落語でなくて)寄席に来てください」と。
んーでもこれは変ですよね。
ぼくなんかは寄席あまりおもしろくないから
ホール落語に出かけているわけですから。

常設の小屋がないから、
演者発信で「おもしろい」を提供しようとするのが立川流かもしれません。

落語協会のさん喬師匠は「寄席を守りたい」と言うことと
「寄席が良いものだ」ということを混同しているのかな、とも思いました。

ぼくとしては「寄席をおもしろくするには」と
考えてもらえたらなんて思ったんですが
(少なくとも対談の中では)そういうお話にはならなかったですね。

というかたちで妙な熱気をもって、この対談を聞いていた次第です。

こういうマニアックなテーマにこだわる感覚って、
落語ブームの最中ならまだしも、古い落語ファンからすれば
「もう済んだハナシで」タイミングがずれているし、
新しい人にはマニア向けすぎるハナシで
よく分からないという感じだったのでは。
なんて思っていたんですけど、そうでもないようですね。

この会の前後でのTwitterつぶやきのまとめ
(真似っこして)つくってみたんですが。
いろいろな意見が聞けて楽しいですよね。
久しぶりにこういうのを体験したかもしれません。

意欲的な主催者のことは応援したい、というエントリーでした。

管理人の独り言

下書きのエントリーがゼロになりました。これはうれしい、ぼくだけがうれしいです。すごくすっきりした気分です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年1月1日~2018年1月7日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12月24日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年1月1日~2018年1月7日…
  2. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12…

アーカイブ

PAGE TOP