立川談春

立川談志一周忌 特別公演 立川流 追善落語会 立川流誕生の巻

2012年11月23日(金・祝)会場:よみうりホール

一門挨拶
立川流代表の土橋亭里う馬師匠が真ん中に、
直弟子全員集合とはならず、談笑を以外の直弟子が勢揃い、というかたちでした。
桂文字助師匠とか生で見て「すげー」みたいになっちゃいました。

立川談修「宮戸川」
家元から褒められたネタということで「宮戸川」を。
真打ち昇進ということでめでたいですね。

立川談慶・平林「リレー踊り(やっこさん・安来節)」
平林さんが家元を見舞いに行って
安来節(やすきぶし)を踊ったというエピソードから。

「弟子でも見舞い厳禁」と言われて、
家元のことだから来いということ
と受け取ったって話はおもしろかったですね。
なにがおもしろかったかは
微妙に危ないこともあるから書かない方がいいかも。

談慶さんが登場して「やっこさん」を。
こちらも家元が褒めてくれた、という話つきだったかと思います。

立川雲水「ん廻し」
はじめて見た雲水さん、関西弁で上方の落語を。
文都さんをちょっと思いだしました。

立川生志「初天神」

野末陳平「野末陳平ショウ」
(聞き手 立川志らく)
陳平先生の話を志らく師匠が聞く、と言う形でしたが、途中で
立川藤志楼こと高田文夫先生が加わるサプライズがありました。

病気からの復帰後ではじめての生・高田先生だったので感激しましたね。
もうめちゃくちゃ元気で笑い泣きするいきおいでした。

危なすぎて中身はかけないですね。おもしろかったです。

立川談笑「粗忽長屋」

仲入り

松元ヒロ「スタンダップコメディ」
デモに参加した話から政治系のネタ、もちろん家元の話などなど。
盛りだくさんで楽しいトークでしたね。

ヒロさんの石原都知事ネタを
家元に目の前で演られた話が良かったですね。
「(ヒロさんの)5倍はウケてた」
「この間でやるんだ」という顔をされた、という素敵なエピソードでした。

立川志らく「饅頭恐い」
家元のモノマネで入りながら
(先代の)小さん師匠の十八番を演ります、と言って
「饅頭恐い」へ。
これが「エクソシスト饅頭恐い」というものすごいのでして、、、
ヒロさん、志らく師匠とつづいて
会場がものすごい空気になった状態でトリの談春師匠へ、という流れなのでした。

立川談春「棒鱈」
「志らくさんをみならって
小さん師匠のネタを演りたいとおもいます」といって「棒鱈」へ。
いつもの「棒鱈」でしたね。ま、おもしろかったんですが。


管理人の独り言
去年あたりの談春アナザーワールドはわりと行っていたんですけど最近は談春師匠の高座を見てないんですよね。デリバリー談春になるんだと思うんですけど、会場がけっこう散らばっていてよく調べると新小岩駅から徒歩15分とか書いてあって途方に暮れたりとかもありました(笑)どこかで行きたいなと思ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP