立川志らく

新春プラザ寄席 精鋭四人衆競演会

新春プラザ寄席 精鋭四人衆競演会
2009年1月6日(火)会場:大田区民プラザ大ホール

立川らく次「雑排」
ご隠居と八っつぁんの様子が楽しい落語。
堂々としていて頼もしい。
立川志らく「茶の湯」
今年と言うことだけでなく、
今後どういう落語を目指すかというハナシから、
志らく師匠が、家元(談志)から貰った
「狂人・廃人」のエピソードを。
そして新年最初の落語は、
新しい十八番として定着しつつある「茶の湯」です。
狂っている落語ということよりは古典の再構築・再生というか、
立川流の「伝統を現代に」を表すような落語で、
家元から受け継いでいる狂人への向かい方という
2009年の幕明けにふさわしい噺かも。
しかしジョンソンにコンクリートが入ったときには
面食らいました、完全に食べモノではない、、、です。
春風亭昇太「時そば」
出てくるなり、
「立川流は、業の肯定なんて難しいことを常に考えているけど、
そうじゃない人もいっぱいいます。」
「オレなんて明日ご飯食べられるか、しか考えてない」なんてハナシ。
あと大晦日の紅白での森進一ドキュメントが
モノマネ入りでドッカンとウケる。
涙流して笑ってしまいました。
他にも大晦日の初詣の風景などなど、
たっぷりとトークでワカせてから、
変わってるケド、すごく笑える「時そば」へ。
おもしろいなァ。
仲入り
柳家三三「不幸者」
いつも通りスゥーっと登場して、シュっと古典を一席。
4人の中では、ちょっとキャラが違うところもありますが、
三三さんらしい丁寧な高座。
噺を知らなかったのもあって、サゲで驚いたのでした。
柳家喬太郎「竹の水仙」
「いまならまだ帰れますよ!」なんて言いながら、
名人上手の枕が始まったので、
久々に「竹の水仙」が聞ける〜と盛り上がってしまいました。
ぼく的にテッパンなのは宿役人が侍にキレられるトコで、
もうね、涙流しながら笑っちゃいました。
「イイハナシ+爆笑」という喬太郎落語のパターンで
再構築されている古典、ということで、
新作のファンも古典のファンもどちらも楽しめる一席ですね。
久々に喬太郎を聞いた母親も古典だった、ということだけで
大満足の様子(笑)年輩の人には多いんですよね、たぶん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP