立川志らく

神楽坂落語まつり 毘沙門寄席3月7日昼席

神楽坂落語まつり 毘沙門寄席3月7日昼席
2009年3月7日(土)会場:善國寺 毘沙門天書院

開口一番:三遊亭ありがとう「子ほめ」
誰のお弟子さんなんですかね、と思っていたら、
歌之介さんのお弟子さんなんだとか。若いなー。
まっすぐ育たなアカンです。
古今亭菊六「金明竹」
気になっていた噺家さんで、ライブで聞くのは初めてです。
NHKの新人演芸大賞の決勝戦をテレビで見たかな。
色男風の若干ヌルっとしたルックスにヨドミない語り。
ハッキリしていてスピードがあって、
リズムも落語然としていると思いました。
「金明竹」でひっくり返せるんだから実力あるんだろうなァ、
なんで大賞じゃなかったんだろ。
ま、それはいいとして、コレはおもしろかった。
三遊亭吉窓「そば清」
池袋演芸場で2回くらい遭遇している吉窓さん。
「ぐつぐつ」以外のネタを聞くの初めてだな。
入船亭扇辰「夢の酒」
仲トリに堂々と登場の扇辰さん。
以前この会場で落語会をしていたんだそうで、
高座がガタつかないように新聞やら雑巾で固定しているんですと、
毛氈(もうせん)をめくってみたり。
で、落語の方は「いつの間に、、、」というくらい、
なんというかデフォルメされて、熱の入った感じに変わっていました。
もうちょっと普通の落語をする芸人さんだと思っていたけれど、、、
ギャーギャー嫁さんに、若旦那は舌をペロペロさせてエロい感じ、と
スッカリ独自のデフォルメ落語の世界に。
ま、会場はドッカンとウケていましたよ。
仲入り
柳家小菊「粋曲」
小菊さんの師匠の家が神楽坂にあったり、
この辺りに住んでいたこともあるんだとか。
三味線と唄の方で、いつもの「梅は咲いたか」や
「寄席スタンダードナンバーへの八番」やドドイツなどなど。
贅沢な空間ですなァ。
立川志らく「火焔太鼓」
前日に続いて神楽坂に登場の志らく師匠。
いっ平が大きい名前を襲名すると聞いて
「こぶ平でも襲名するのかと思った」とか、
動物園でペンギンがパンダを襲名するようなもので、
どうしたって別物なんだから苦労するだろう、と慈悲心のあるギャグ。
あとは「雨ン中の、らくだ」は14万33部売れる、という
ギャグで会場を暖めた後、落語の方へ。
「道具屋のお噺を」とのことなので「井戸の茶碗」かな?
と思ったら(いま考えたら屑屋の噺だけど)、
すごく久しぶりに聞く「火焔太鼓」。
さすがの十八番で、もうギャグというギャグがハマりまくって、
ほとんど全部が爆笑。
「○○って洒落はお好き?」のギャグで、
その○○の部分で爆笑が起きちゃうんですから。
ダジャレでも何でも爆笑が起きちゃうので、
もう会場全体がおかしくってしょうがないような状態。
そして散々ドカンドカンと沸かせておいて、
サゲはあっけなくぶった切るように終わる、
このポカーンとなるような感覚も落語の醍醐味ですよね。
もう一種のマジックにかかったような感じですかね。
いやー最高でした。爽快だし、笑ったのなんの。
寄席みたいな形式の落語会だと、
なおさらこの破壊力を思い知ります。

管理人の独り言
4月から定時が早くなって落語会に遅れないで行けそう!とウキウキしています。(仕事もしなきゃ、、、)
あと東京麺通団のうどんがウマいです。新宿店の場所が分かってテンション上がっています。
あとは花粉さえ消えてくれればモット気分が良いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP