立川志らく

立川談志三回忌 特別公演立川流 談志まつり 立川流落語会“イリュージョン”編

2013年11月23日(金)会場:よみうりホール

立川談之助・キウイ・泉水亭錦魚・平林・談吉「オープニングトーク」

立川談笑「金明竹」
ホールでの落語会だと圧倒的に多いのがこの噺、
久しぶりに聞いたのもあって抜群に面白かったです。

立川雲水「日和違い」

立川生志「反対俥」
家元(談志)には、たくさん稽古を付けてもらったけれども、
たまに変なことを教えられた、
なんてエピソードを披露してました。

仲入り

立川談四楼「岸柳島」
立川流創立のきっかけになった真打ち昇進試験のハナシから、
その時にかけたネタを、といって「岸柳島」へ。

年寄りの侍じゃなくて若い侍を出そう、なんて
家元と相談しながら創ったのだそうです。

審査員からは好評だったんだけど試験には落ちた、
という曰く付きの噺ではありますが、
落語らしい空気と落語の面白さを存分に語る巧みさで、
実に楽しい高座でした。

立川左談次「町内の若い衆」
食い付きでやるのは気楽でいい、なんて言いながら
ヒョウヒョウとした魅力が枕にも落語にも溢れまくってました。
左談次師匠の粋な感じたまらないですね。

立川志らく「親子酒」
酔って落語家の悪口を言いまくる、
サービスバージョンというかンジでしょうか。
ドカンドカンウケてましたね。

独演会ではこういうウケ方はないので久しぶりに感じました。

出演者全員「エンディングトーク」
11月21日の家元のお墓参りの感想を
出演者それぞれが言って、三本締めで終了。

左談次師匠の「ようがすねぇ」が
なんともいい間いいトーンで入ってきます。

大団円でした。


管理人の独り言
“イリュージョン”編だったのか、なんて声は出演者からあったりしたんですが、そういうことは別にしてもバラエティ豊富な立川流の落語家が堪能できた素敵な会だったように思いました。


立川談志「談志が死んだ 立川流はだれが継ぐ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP