立川志らく

第二十四回 続・志らく百席

2014年1月15日(水)会場:横浜にぎわい座

0115_14

立川志らべ「手紙無筆」

立川志らく「堀の内」
粗忽者と言えば、と映画「猿の惑星」のハナシを。
ラストで自分の居た惑星が地球だった!と気づくんだけど、
普通に考えたら猿が英語を喋っている時点で、
そこに気づくはず、という
おっちょこちょいというかバカなハナシしてから噺の方へ。

テンションが高いスレ違いの会話に
あたまがクラクラしてしまいます。

この主人公って何者なんですかね。
こんなことで生活できるんだろうか、
「粗忽の釘」もそうだけれども所帯を持っていて、
この有様と言うのが謎すぎるのです。

そして「猿の惑星オチ」という謎のオチが登場しました。
(師匠は「たぶんもうやらない」とおっしゃっていましたが)

仲入り

立川志らく「百川」
百兵衛さんのかわいい田舎者キャラが楽しい噺。

立川志らく「井戸の茶碗」
ハッピーエンドというかイイハナシで好きな噺です。

正直者が3人もそろうと騒動になるっていう、
マトモそうで、マトモではない人ばかりが出て来て
とても道徳的ではない噺という感じもします。


管理人の独り言
にぎわい座の雰囲気は相変わらず良いですよね。「続・志らく百席」もあっという間に終盤で次のシリーズ企画がどうなるのか気になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10…
  2. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3…

アーカイブ

PAGE TOP