立川志らく

横浜にぎわい座新風落語会 師走

横浜にぎわい座新風落語会 師走
2009年12月1日(月)会場:横浜にぎわい座
志らく師匠の「富久」が目当てで出かけました。
仕事が押しまくりで菊之丞さんの途中から入場。
開口一番:林家はな平「たらちね」
鈴々舎わか馬「あくび指南」
古今亭菊之丞「井戸の茶碗」
とくに変なことも言わないで、
スパッスパッと語ってくれる、
安心して聞けるので好きな方の噺家さんです。
むだに長くまったりしないし、安心感あります。
仲入り
三遊亭兼好「一分茶番」
素人芝居の噺だからだと思うんですが、
歌舞伎についてのハナシがマクラ。
なんだろうな、キンキンしてるな。
立川志らく「富久」
出てくるなり「なんの集まりなんでしょうか」
と言うので、会場は大笑い。
客席には共感というか、たしかに言われてみれば、と
なんとなく感じていた違和感に共鳴したんですかね。
で、江戸の名物と言えば、、、と
火事がのべつだった、というハナシから噺の方へ。
この「富久」って噺が好きで、
もう好きだから好きとしか言えないんですが、
これって、やっぱり久蔵さんの魅力なんですかね。
とにかく身勝手で、調子が良いんだけど、
それほど下品じゃない、
悪態ついたり好き勝手にやっているのに、
長屋の連中からもかわいがられている久蔵さん。
そういう人間を受容している、
落語の世界にも憧れているのかも知れません。
なんといっても好きなのは、
千両富が見つかったときののひと言。
かっこいいし、そうなんだよなァ、江戸っ子だなァ、と。
最高にシビレるんですよね。
で、なんとなく思ったのは、
ぼくは江戸っ子の出てこない落語は、
それほど好きになれないのかな、とか言うこと。
たとえば「鼠穴」とかかな。
いっぽうで民話が元になっているような
「田能久」とか「松山鏡」はファンタジーだから、
それはそれで好きなんだけど。

管理人の独り言
とうとう最後まで見てしまいました「24-シーズン7」。
ま〜なんと言って良いのやら、、、ま、とにかく今までで一番夢中になったのが今回かも知れません。
なかなか見ごたえあると思いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP