立川志らく

志らく極楽寄席

2015年6月14日(日)会場:草月ホール

三十周年記念興行の第二弾、高田文夫プロデュースということで
出演者が豪華です。

高田文夫、立川志らく「オープニングトーク」
相変わらず元気な高田先生がすごい、
「最近、談志師匠見ないね、売れてないの?」って強烈すぎるギャグ。
志らく師匠は困りながら笑ってるように見えました。

100W「漫才」
山梨県出身の漫才コンビ、初めて見ます。
高田先生が好きそうな関東の漫才コンビ、面白いです。

世代問わずに誰でも笑えるようなネタを入れてくるところは、
ロケット団みたいな雰囲気も感じました。

アンガールズ「コント」
テレビで見たことがある名作コント、
ショートコントが生で見られて満足です。

ショートコントはシュールというか不条理というか、
そういう面白いネタが多いことにも気づきました。

立川志らく「子別れ」
アンガールズの後に舞台に上がるとは、と苦笑いしながら、
「男はつらいよ」と同じテーマとは言えないけど
「親はつらいよ」という感じ、と「子別れ」へ。

「中」の後半から始まる構成も、
メインのギャグ「八百屋」なども、いつも通り面白い。
鰻屋の二階のシーンは不思議と臨場感があって、
目の前で起きていることのように感じるんですよね。

仲入り

倍賞千恵子、高田文夫、立川志らく「トーク」
豪華ゲストは「男はつらいよ」の
寅さんの妹役 さくらこと倍賞千恵子さん。

倍賞さんが出演された作品から
「男はつらいよ」と「男はつらいよ以外」から
それぞれ3つを選んで、トークが進みます。

寅さん以外は、「小さいおうち」
「喜劇 よさこい旅行」「あにいもうと(ドラマ)」だったかなと思います。
(記憶を辿ったので間違っていたらごめんなさい)

高田先生も志らく師匠も「寅さん」「さくら」の大ファンということで
嬉しそうなお二人の姿が印象的でした。

志らく師匠のハーモニカが伴奏のさくらによる「さくらのバラード」に、
感激している高田文夫先生の姿は忘れられないですね。

志らく師匠も良い師匠孝行されたのでは、と思える素晴らしい光景でした。


管理人の独り言
この会のことはよく覚えています。とくに倍賞千恵子の歌に感激している高田先生の表情ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12月24日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12…

アーカイブ

PAGE TOP