立川志らく

第130回 志らく一門会

第130回 志らく一門会
2010年1月31日(日)会場:上野広小路亭
すっかり大入り満員の一門会です。
座椅子は、ちょっと腰痛くなるので、
コンディション調整して向かうと良いと思います。
立川らく太「二人旅」
らく太さん親戚による「オールキャベツ」話など。
立川志らべ「初天神」
正月らしい噺です。
立川志ら乃「時そば」
年明けに談春さんに挨拶にいって、、、というハナシ。
これはおもしろかったな。
立川流好きにはたまらないですね。
「時そば」ですが、サゲをしくじりそうになって、
とっさに変えたらしく、
真相が分からなかったうちは、
すごく「??」だったんですが、
後で、らく次さんにバラされていました(笑)
仲入り
立川らく次「夢の酒」
「立川こうもり野郎」のハナシ。
ってコレだけ書いても良く分かんないだろうけど。
落語が良かったです。
ここまでで一番落語らしい高座で、
なんともうれしい気持に。
立川志らく「火焔太鼓」
「『アバター』の顔は沢田亜矢子の
元ダンナにしか見えない」で爆笑。
噺の方は十八番の「火焔太鼓」です。
コントやギャグマンガのような、ギャグだくさんの
志らく落語の世界が楽しいです。
町人にとっては、とっても怖い侍。
人の命を取ってもとがめられない、町人から見たら
そんな超法規的な存在ですから、
恐ろしいことこの上ないはずですが、
バカなのかヤケクソなのか、そんな侍に、
パーパー言ってしまう甚六さんのおかしさ。
ドーンドーンという、志らく師匠の会らしい
笑いが起きていました。

管理人の独り言
ここ2,3日ですが映画化される漫画「ソラニン」の影響で新しいギター(Fenderのムスタング)が欲しくなってしょうがないです。
映画の方はサンボマスターの近藤先生が映画初出演ということで、それだけで見に行こうと思ってる訳ですが、実際は宮崎あおいのファンなんでした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(3月11日~3月17日)
  2. 落語チケット発売情報(1月28日~2月3日)
  3. 落語チケット発売情報(3月18日~3月24日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(3月18日~3月24日)
  2. 落語チケット発売情報(3月11日~3月17日)
  3. 落語チケット発売情報(1月28日~2月3日)

アーカイブ

PAGE TOP