立川志らく

リビング落語会「今年最後の 立川志らく独演会」

2015年12月23日(水・祝)会場:よみうりホール

恒例となったよみうりホールでの独演会、
3年連続で「芝浜」を演ったけれども
今年は別の演目となりました。

十八番の古典落語3席と「死神後日談」

これは演劇らくご「死神が舞い降りる街」として上演された
オリジナルの演劇を落語にしたもの、ということで、
演劇から落語に翻案された形になります。

「短​命​」
「​粗​忽​長​屋​」
「​死​神」
この3席を続けて聞ける、というだけでも十分に元が取れている会ですよね。

一つ一つについて細かく書くことはしません。
もう何十回聞いているのだろう、という感じですので(笑)
もちろん何度でも聞きたい噺であります。

仲入り

「​死​神​後​日​談​」
ゴーリキー原作「どん底」を下敷きに
終戦直前の広島を舞台にした演劇のシナリオに、
シネマ落語のような古典落語とのクロスオーバーを入れた作品でした。

「短命」「粗忽長屋」も死をめぐる噺ですよね。

なので「どん底」の世界観もありながら、最後は落語なので
トントンとした落ちがあるようなものものです。

落語にしては重苦しいなぁと思ってしまったのですが、
滑稽噺のようなテンポがあり、
なぜか会の終わりにはスーっとした気持ちになりました。


管理人の独り言
「死神後日談」は3月に中野あくとれで再演された噺です。志らくファンにとっては大事な噺のように思えるので次に口演されるときは聞きたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(3月11日~3月17日)
  2. 落語チケット発売情報(3月18日~3月24日)
  3. 落語チケット発売情報(1月28日~2月3日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(3月18日~3月24日)
  2. 落語チケット発売情報(3月11日~3月17日)
  3. 落語チケット発売情報(1月28日~2月3日)

アーカイブ

PAGE TOP