立川志らく

神楽坂落語まつり 毘沙門寄席 3月13日 夜席

神楽坂落語まつり 毘沙門寄席 3月13日 夜席
2010年3月13日(土)会場:善国寺 毘沙門天書院
開口一番:林家はな平「たらちね」
立川らく次「黄金の大黒」
家元(談志)がすっかり元気で、
上野広小路亭の前をスタスタ歩いていた、
なんてハナシから。
落語の方は、良く聞くネタなんですが、
リラックスして楽しめるし、「現代」が入っていないのも、
それはそれで良いように思います。
三遊亭白鳥「はじめてのフライト」
ネタは時事ネタで、ほんとくだらないんですよね。
無邪気な変態の真骨頂。
客席がウケすぎてギャンギャン言ってる感じ。
もうやりたい放題でものすごくウケてました。
ここまでウケてるのは初めて聞いたかも知れないです。
古今亭志ん輔「子別れ(下)」
ここはアイツ(白鳥さん)の遊び場じゃないんだから、
なんて言いつつ困った表情の志ん輔さん。
「おもしろいですねェ、アイツ」なんてことも
言っていましたが。
噺にはいると、
情感タップリ、芝居っ気タップリの「子別れ」でした。
志ん輔さんて、志ん朝師匠のような、
明るくてスピード感があって、という
落語をする人かと思っていたけど、
溜めて溜めて泣いて泣いて、という感じでした。
でもお客さん、それほど泣いていなかったんじゃないかなァ。
なにげに落語玄人なお客さんが多かったからでしょうか。
そんな印象でした。
仲入り
柳家小菊「粋曲」
「梅は咲いたか」
「寄席スタンダードナンバーシリーズ」
いろんな都々逸などなど。
毘沙門天みたいな会場だと雰囲気があるし、
生音で聞けるのも良いですよね
立川志らく「黄金餅」
「白鳥が爆笑をさらって、
志ん輔師匠が人情噺をミッチリと語って、
もう良いじゃないですか」なんていうギャグから。
白鳥は後にあがる人のことを考えてない、
以前に「落語のピン」の収録で
家元が怒って帰ったことがあるっていう鉄板エピソードも。
で「演ることがないので、陰惨な噺を」と
(この噺を)古今亭は明るく演るけれども、
立川流だとより陰惨に。流派の違いです、と言って噺の方へ。

2日前の二人会
と同じく「志らくのピン」で演ったばかりのネタで、
これはガッカリじゃなくてうれしいんですよねェ。
同じ噺を集中して聞けるのはけっこう嬉しいことです。
印象的だったのは、
サイネンが餅を食う場面、これはまるで
ホラー映画のようで、
見ちゃいけないモノをみているような感覚になります。
あと、これを壁の穴からのぞいている
金兵衛さんとのカット割りの妙。
なんとも言えない緊張感、臨場感です。
サイネンが死んでも目を閉じないし、
金を握って離さない。
あとは金兵衛さんが焼き場で金を取る場面で
金への執着を強めに印象づけているのと
不気味な感触の残るサゲにつなげています。
それよりも異常な大家と和尚がものスゴいです。
この噺の世界、異常さにはかかせないですね。
道中付けで拍手が起きるのは
お約束になっちゃってるけど、
なんか和やかなムードになって、
それはそれで、まぁ悪くはないのかもしれません。

管理人の独り言
まだZガンダムが見おわりません。全部で50話くらいあるんですかね。さすがに、ちょっとダルくなってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP