立川志らく

第五回夕刊フジ平成特選寄席

第五回夕刊フジ平成特選寄席
2006年12月8日(金)会場:赤坂区民センター 区民ホール
3ヶ月に一度の夕刊フジ特選寄席。
毎回豪華な出演者で、若手の中でも
一枚看板とよばれる人気者がそろいます。
出演は、
立川志ら乃
古今亭菊之丞
柳家喬太郎
立川志らく
となっていたので、仕事で遅刻しても、
菊之丞さんから見られるかな、と思っていました。
多少遅れて会場着、前座は終わっているだろうけど、
うまくいけば志ら乃さんが見られると思って、
焦って中にはいると菊之丞さんが。
古今亭菊之丞「元犬」
ほとんどサゲの手前で、会場の後ろでたって聞く。
菊之丞さんが、終わって着席すると、
志らく師匠の出囃子「はとぽっぽ」が
トリだとおもっていた出番は仲トリでした。
あぶなかった。
志らく師匠は今月は下丸子とこれ、
2席しかやらない。
それにしてもゲッソリやせて、目の下は真っ青なクマ。
芝居の演出などで全然寝ていないそうだ。
立川志らく「天災」
後半のオウム返しの部分はメッチャクチャになっていた、
こりゃぁカットアップ、バロウズの狂気に近い。
途中、神学者が八五郎に説教する場面で
「そうではなくて、私は『道』(人の道)
の話をしているのだ」というと、
八五郎が「それは暗い話ですね」と言い出したので、
来たなーと思ったら、やっぱり
「フェデェリコ・フェリーニの『道』の話でしょ?」だって。
なんで八五郎がフェリーニ見てるんだよ、笑った笑った。
仲入り
日付もチェックせずに次回の券を買ってしまう。
次回は、市馬さん、志らく師匠、花禄さん、三三さんだって。
いまからワクワクしてくる。
立川志ら乃「火焔太鼓」
志ら乃さんの十八番です。師匠の後なんで、
それ以上はウケないけど、でも立派でした。
中盤以降、だんだん落語じゃなくなって、
妄想が暴走、笑っちゃいます。
柳家喬太郎「うどん屋」
オーソドックスに本寸法に、しかし自分の味を出す。
というのが喬太郎さんの古典でのテーマだそうだ。
こういう、なんてことない噺も、醍醐味というか、
落語の魅力ですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10…
  2. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3…

アーカイブ

PAGE TOP