立川談志

立川談志一門会

立川談志一門会
2010年6月7日(月)会場:よみうりホール
立川談修「夢の酒」
立川談笑「薄型TV算」
立川生志「お見立て」
仲入り
松元ヒロ「スタンダップコメディ」
歴代の総理大臣のモノマネが楽しいヒロさん。
というわけで鳩山総理退陣の直後とあっては、
それは盛り上がりますね。
テッパンは、やはり麻生さん。
やらかしたことも、それほど深刻じゃなくて
キャラが濃いいし笑えるもんなァ。
立川談志「ジョーク」
約一ヶ月ぶりの家元の登場です。
高座が用意される訳ではなくて
イスが2つセットされたので、
もう一人は誰なんだろう、と思っていると
出囃子「木賊狩り」が流れる。
以前は出囃子がなってから着替えているっていう
噂もあったほどのんびりと出てきたものですが、早々の登場。
ホントにすぐに出てきた。
家元はスーツ姿、
独自のコダワリをもったお洒落さがかわいい。
「いつも来ている人ばっかりだから
(おなじ)ジョークだと照れる」と言いながら、
2、3披露したんだったかな。
そして対談相手は山中秀樹アナウンサーと発表され、
軽い感じで山中アナが登場。
立川談志・山中秀樹・立川志らく「トーク」
山中さん「ものすごいアウェーで、、、
皆さん家元のハナシが聞きたいのにすいません。」
「ぼくだってチケット買ってたんですよ」には場内もドっとウケましたね。
そんな感じで、なんでこの人、、、という空気も
だんだん山中さんの独特のノリになれてきたし、
なにより家元が話しはじめると和らいでいったように感じます。
どんな話だったかというと。
・家元のご病気の様子
・円生の襲名について
・談志の襲名について
というのが主なハナシ。
どれもすごかった。
「談志の襲名」というテーマで、
もうお客さんへのサービスだと思うんですが、
山中さんが誰も聞かないようなことをズバっと聞くので
マニアは盛り上がります。
そして舞台袖にいた志らく師匠が
家元に呼ばれるというハプニングにつながりました。
「談志を継ぐなら、志の輔、志らく、談春。
まぁ談春は良いし、志らくは狂気を受け継いでいるし、
でも総合的にみると志の輔かな、
いや揉めるなら話し合ってもらって、
おまえが継ぐなら口上に並ぶよ」というハナシに
ほんとうにビックリしている志らく師匠。
家元が談志でなくなったら名前はどうされるのですか?
という質問に後に語り継がれるかも知れない
「立川談志改めクリスマス」発言が飛び出す。
あっけにとられましたね、、、これには。
落語を演って欲しい、というハナシから、
「二人旅」ですかね、おばあさんと江戸っ子の会話を
「こんな口調で良い?」と演ってみる家元に拍手喝采。
とにかくみんな聞きたいって思ってますからね。
そしてまたいつものジョーク。
クリスチーナ・ロゼと、売春婦のネタでシメ。
しかしギャグと言い、そのセンス、
放り込まれるタイミングの絶妙さと言い、
その存在の素敵さ素晴らしさ。
たまらんです。幸せだなァと思えた夜でした。

管理人の独り言
落語を聞く量がちょっと減ってますね。んーなんででしょう。もちろん好きだけど、ちょっとだけ飽きてるのかも知れないです。なにかのきっかけでまた(異常な)情熱が戻るんでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP