立川談志

立川談志 一門会

立川談志 一門会
2010年11月24日(水)会場:よみうりホール
立川平林「浮世根問」
名古屋弁バージョン、最初面白かったです。
立川志雲「笑い茸」
立川志らく「金明竹」
志らく師匠はクレイジー落語を披露。
大阪なまりのアメリカ人が
しゃべるっていうのが破壊力抜群です。
この噺は何べん聞いても何を言っているか
分からない人のハナシを延々と聞くっていう噺ですけれども、
従来の演りかた「早口の関西弁=わからない」ではなくて、
メチャクチャなまってる人ってことで
「外国人の日本語が関西弁でなまっている」なのかも知れません。
仲入り
立川談笑「時そば」
一門会やゲスト出演の類いでは高確率でこのネタ。
立川談志「落語チャンチャカチャン」「へっつい幽霊」
家元の登場に会場はものすごい拍手です。
うれしそうに登場した後、
やっぱり良いとは言えないあの声で
「今日は一席演ってみようと思う」と言うので、
オォーという会場の盛り上がりでした。
「小話を演らないと入れない癖があって」と
ジョークから落語チャンチャカチャンへ。
これまでだと「お血脈」で終わっていたチャンチャカチャンから
さらにどんどん続きます。途中に「芝浜」が二回登場しました。
芝の浜の場面で鐘の音を聞く場面。
その後またたくさんの噺を経由して、
再び「芝浜」の「百八つ」からサゲまでのダイジェスト。
こにはちょっと感動しちゃったんですよね、、、
ぼくは家元の「芝浜」、よみうりホールの、
あの伝説の高座が聞けなくて
ずっと後悔というか無駄に悔しい思いを引きずっているのです。
でロングバージョンの「落語チャンチャカチャン」が盛り上がると
「へっつい幽霊」へ。
え?一席じゃないじゃんという感じでした。
この噺は何が面白いんだろう。やっぱり人の魅力ですかね。
育ちは様々でも江戸っ子らしい了見の男が、
実にさらっとかっこいいところを見せてくれる。
サゲは「もう半分ください」
途中意識を失ったのでチンプンカンプンでした。
また聞くことできますかね、、、
一期一会、大切にしないといけないですね、、、

管理人の独り言
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)周辺が再びアツくなって来ています。第2話のDVDレンタル開始と第3話の先行劇場上映と、あとそれとは別に東劇にて第1、2話の劇場での上映って、どんだけすごいんですかね。ガンダムって。すごい数字持ってるんだろうなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年8月20日~2018年8月26日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年8月20日~2018年8月2…

アーカイブ

PAGE TOP