立川談志

年忘れ 市馬落語集

年忘れ 市馬落語集
2010年12月26日(日)会場:九段会館 大ホール
年に一度の騒ぎとなっている年忘れ 市馬落語集です。
フルバンドをバックに市馬さんが大いに唄う訳ですが
今年は唄で市馬さんとつながりの深い
家元(談志)と志らく師匠がゲストです。
あと落語のゲストで三三さん。
第一部「落語競演」
柳亭市馬「首提灯」
「なぜこの出番」と笑ってしまいますが唄がありますからね。
ネタのチョイスも気負いがなくて
市馬さんの年末という気がするな、と楽しくなりました。
柳家三三「不幸者」
面白くない噺が好きな三三さん。
そういえば久しぶりに聞きました。
立川志らく「死神」
十八番の「死神」でした。
ウケていたなァ、市馬さんのお客さんと
相性がいいのでしょうか。
第二部「昭和歌謡全集」
唄:柳亭市馬
演奏 : クミ伊藤とニューサウンズオーケストラ
灰田勝彦「アルプスの牧場」

田端 義夫「海のジプシー」
ディック・ミネ「夜霧のブルース」

ゲスト:立川志らく
岡晴夫「東京の空青い空」(唄:立川志らく)

二葉百合子「九段の母」

※二葉百合子さんの映像が貼付けできないので美空ひばりさん歌唱の映像
ゲスト :立川談志
伊藤久男「建設の歌」

家元の登場で家元の好きな「建設な歌」を唄う市馬さん。
その歌声にあわせて口を動かしている家元の姿が見えました。
とても幸せそうな表情でした。これは良かった。
立川談志「ジョーク」
おなじみクリスチーナ・ロゼのジョークや、
闘牛場のレストランのジョークなどなど。
再びマイクは市馬さんへ。
村田英雄「王将」

藤島桓夫「月の法善寺横丁」

新川二朗「東京の灯よいつまでも」

三船浩「男のブルース」

青木光一「柿の木坂の家」

アンコール
客席からのリクエストに応えてアカペラで
三橋美智也「哀愁列車」

三波春夫「俵星玄蕃」

(ふたたびバンドで)
春日八郎「赤いランプの終列車」

松山恵子「だから云ったじゃないの」

管理人の独り言
ようやく落語会の感想が年末まで来ました。もう2月なのに、、、意味もなく長くかかりましたけど、まぁだから何なのという感じですよね。早かろうと遅かろうとオモシロかろうとそうじゃなかろうと別にねェ、と思うのでノンビリやっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年3月19日~2018年3月25日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年4月9日~2018年4月15日)
  3. 落語チケット発売情報(2018年3月12日~2018年3月18日)
  4. 落語チケット発売情報(2018年4月16日~2018年4月22日)
  5. 落語チケット発売情報(2018年4月2日~2018年4月8日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年4月16日~2018年4月2…
  2. 落語チケット発売情報(2018年4月9日~2018年4月15…
  3. 落語チケット発売情報(2018年4月2日~2018年4月8日…
  4. 落語チケット発売情報(2018年3月19日~2018年3月2…
  5. 落語チケット発売情報(2018年3月12日~2018年3月1…

アーカイブ

PAGE TOP