立川談志

立川談志一門会

立川談志一門会
2011年1月25日(火)会場:練馬文化センター大ホール
立川談修「看板のピン」
立川談笑「粗忽長屋」
立川志らく「疝気の虫」
談笑さんのギャグをウケての、林家トーク。
(今の)三平さんの面白い話とか、
ここまでは、わりと落ち着いたお客さんという印象だったんですが、
ドカンドカンとウケて、ものすごくテンションが高い高座でした。
「談笑が家元(談志)の十八番を演ったので私も」と「疝気の虫」へ。
「江戸の風じゃなくてSFの風」と言っていたのは、
虫の表現をエイリアンとかグレムリンから
着想していたことに由来していたんですが、
形としては残っていても、エイリアンのような虫、というよりは、
なんとも奇妙でかわいい未知の生き物という形でしたよね。
毒舌でラーメン屋をメッタ斬りにする言い立てのような場面も、
すっかり圧倒されてしまいました。
前はそれほど好きじゃなかったんですが、
このパートがこんなに面白いなんて。
疝気の虫が口から出たり口に入ったりする場面の形の面白さ。
破裂オチの面白さ。
ドコをとっても面白くなってきました。
仲入り
立川談志「子別れ(通し)」
「ノドさえ良ければ」と相変わらず声の調子は良くない家元でした。
そのために抑揚の少ない、淡々とした
高座が続いていましたが今回もそういった高座。
しかし始まった噺が「子別れ(上)」とわかって、
これは(下)まで演るんだろうか、という
なんとなく気になっていたのですが、
しばらくすると(上)の楽しさにすっかり忘れちゃっていました。
「あ、このギャグ忘れていた」といって、
若い衆に食べさせたガンモドキの
汁はフンドシをしぼれば、という場面は
(一回飛ばしちゃって改めて)演っていましたね。
途中、(上)でサゲを言って一回終わりにしたんですが、
「残りも全部演るけどね」といって
熊さんと番頭の会話から(下)へ。
素直だけれどもガキ大将で不良の亀ちゃんの
往来で夢中になってベーゴマで遊んでいるくせに
ぶつかった大人に悪態をつくっていう衝撃の登場シーン。
カナヅチでぶつと言うシーンを(忘れて)飛ばしてしまい、
サゲられなくなったので、そのシーンだけ再演するなど、
気づいていた人はヒヤヒヤしたのかもしれないですが、
ぼくは言われて気づいたという感じでした。
淡々とした高座なんですが、
リズムのすばらしさが明確に理解できました。
そして、ときどきぐっと感情を入れる場面の素晴らしさ、
緞帳がおりてしばらくあったあと、
再び緞帳が上がったので
帰り始めている客席は再び着席することに。
小畑実のビッグショーを(たぶん録画で)見ていたけれども、
拍手をしてしまった。今はそういう芸能が見つからない、と嘆きつつ、
舞の海のハナシになったり。
そして春風亭柳橋が大阪で「子別れ」を演った際に
「江戸っ子の腕で打ったる鎹は浪速の空に柏枝喝采」という狂歌を
送られたというエピソードを披露して、再び緞帳の中へ。

管理人の独り言
もう3月にはいってます、早いですね、、、最近そんなことばっかり言っているので歳取った気がします。きのう道ばたで大声で話している若者が、自分が21歳になって「年寄りだって」嘆いていました。
だから嘆いてもしょうがないってことなんですかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年10月15日~2018年10月21日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年10月22日~2018年10月28日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年10月22日~2018年10…
  2. 落語チケット発売情報(2018年10月15日~2018年10…

アーカイブ

PAGE TOP