立川志らく

第七回夕刊フジ平成特選寄席

第七回夕刊フジ平成特選寄席
2007年6月15日(金)会場:赤坂区民センター 区民ホール

「夕刊フジ特選寄席」といえば、
遅刻確定の中を焦りながら歩く、
青山・赤坂界隈の記憶ばかり。
今回は久しぶりに頭から見ることができました。
開口一番:立川志らべ「狸札」
正式に二ツ目昇進のご報告。
昇進試験から、この発表まで、
どのくらい経ったんだろ。
けっこう長く感じます。
三遊亭遊馬「酢豆腐」
おもろい。変態の若旦那、なかなか好きです。
どんどん良くなって欲しい。
柳家喬太郎「諜報員メアリー」
壊れた枕を延々と「ネタは『高島町』でいいから」
というギャグも飛び出す。
男のロマン、下ネタも大盛り。
「諜報員メアリー」の方は、、、
くだらないですね、そうとう。いい意味で。
仲入り
喬太郎さんの高座が終わると同時に
立ち上がってチケットを買いに
ロビーにダッシュする人人人。
それを見つめる喬太郎さん。
林家彦いち「熱血怪談部」
「高島町」とは何だ?ということで、
枕で喬太郎さんをイジるイジる。
ずっとイジる。けっこうイジる。
おもろいなぁ。
「熱血怪談部」、訳が分からないけど、
まぁ笑いました。
立川志らく「愛宕山」
師匠ご本人も本来の調子が出なかったとのこと。
たしかに辛そうでした。
「愛宕山」は、去年の7月に「嵐山亭」で聞いたのが、
凄く良かった印象があるな。
芝居の直後は、落語がちょっと変わった感じになるのです。
この際なので、というか、なんとなく、
ブログや日記を読み返さなくても書ける範囲で
印象深かった、良かった、志らく師匠の高座を書いてみる。
去年の「談志・志らく親子会」の「文七元結」。
一昨年の年末、広小路亭で聞いた「包丁」と「芝浜」。
銀座ブロッサムの「双蝶々」これは最高にぶっ飛んだ。
「子別れ・下」は、いつ聞いても楽しい。
シネマ落語「天国から来たチャンピオン」。
意外なところで「猿の惑星」も下らなくて好きだ。
落語にだけはウルさい父親を泣かせてしまった、
にぎわい座の「人情八百屋」。
忘れちゃいけない、広小路亭の「お富与三郎」。
トリ前の市馬さんの「片棒」をチンパン探偵で迎撃、
赤坂区民センターの「厩火事」。
下丸子で演った「粗忽長屋」
などなど、とキリがないのですね。
今日のところは、この辺で。

●ネットで見つけたお客さん達、日曜日出かけられなかったので、レポートありがたかったです-順不同です-
いくっちの多忙な日常?!さん
Izumiのおまけ+さん
らくごログさん
のらりくらりとさん
時流を聴くさん

おつかれさまです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP