立川生志

第八十四回 朝日名人会

第八十四回 朝日名人会
11月15日(土)会場:有楽町朝日ホール

ちょっと体調が悪く、途中から。
(聞いていないのは前座さんと春風亭一之輔「鈴ケ森」
立川笑志「禁酒番屋」
真打ちになってグリーン車、ファーストクラスに乗れるようになった。
そんなファーストクラスで、王監督の隣になったハナシ。
CAの「王様ァ王様ァ」ってホントかなァ、もう、おもしろすぎ。
大いにウケていました。
で、笑志さんの親戚には、乱暴な酒飲みが多い、
なんてハナシから落語の方へ。
侍の近藤がけっこう乱暴でホボ漫画みたい。
酒屋の作戦会議では、鳩を飛ばして空から屋敷に酒を持ち込もうとか、
モグラを使って地下から、とか、挙げ句の果てに
狸に持たせようか、なんてハナシしてるのが笑った。
「狸が徳利を持ってるのが当たり前」で
「狸が門をくぐるのは当たり前」って、当たり前じゃない!
あ〜オモロ。
そしてテンポよくポンポンと、
水カステラにションベン屋って、くだらないなァ。
落語って楽しい。
古今亭志ん輔「文違い」
志ん輔さんは、大晦日にお札を貼る志ん朝宅の風景のハナシ。
一生懸命なエピソードだから笑えますよね。
落語の方は珍しく新宿が舞台です。
そんなことがパンフレットに書いてあるんですけど、
この京須さんの原稿が良いんだよなァ。
これが落語会全体の枕というか、
古典の世界(古典とは限らないんだけど)への
導入のようになっている感じ。
ゴージャスなロビーから会場に入って、
このパンフレットを手に取るってとこから、
朝日名人会の大事な段取りな気がしてます。
アナログのレコード聞くのが好きな人みたいなもんで、
プロセス込みで愛してるんですよね。
そんなわけで、
また来年の通しチケット申し込みましたが当たるかな、、、
落語の方はサゲに向けての
タタミかけるドタバタな感じがよかった。
みんなダマされてるんだから、
罪がなくて良いかもしれないけど、でも切ない。
仲入り
サンドウィッチ売り切れていた、、、残念だァ。
ふと見るとCD売場に笑志さんの姿が。
「志の輔さんのCDおもしろいですヨー」なんて
愛嬌を振りまいてる。しかし腹が出てるな〜
橘家圓太郎「化け物使い」
んまー恐ろしいほどの小言です。
この噺って、前半に出てくるモクスケさんが魅力的で
活躍をもっと聞きたいんだけど、、、
ご隠居さんがチョイチョイ化け物を気遣う姿が寂しさを誘いますな。
去り際のモクスケに小言をいわれたから、
化け物にも気を使っているのだとしたら寂しすぎる。
そんな1日でヒトの了見が変わるんだろうか、って感じでした。
柳家権太楼「言訳屋」
実は「言訳座頭」と「睨み返し」をつなげたこの噺。
なんでつなげたんだろ。
二つの噺をつなげて「言訳屋」と呼んだのは、
この日のこの会が初め、ということです。
後に残ったら記念になるとのこと(パンフレットより)。
まー「睨み返し」のおもしろいこと。
ほんと内容ないよなァ。
オモロ一生懸命な権太楼さんの江戸っ子が、
マヌケさとカワイサで、なんとも良い感じ。
という訳で終演は17時30分。
終演予定から1時間くらい過ぎてないですかね?
いつものことだけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP