柳家権太楼

池袋演芸場 十月上席 夜の部(10月7日)

池袋演芸場 十月上席 夜の部(10月7日)
2007年10月7日(日)会場:池袋演芸場

小三治さんがトリの鈴本の週末は
立ち見も出る大入り。
ぼくは興味ないけど末広亭は
木久蔵親子の襲名披露。
でも、よく考えたら池袋上席は
とっても豪華な出演陣。
17時に入ったら席は9割近く埋まってたかな。
古今亭駒次「真田小僧」
柳家甚語楼「寄合酒」
大瀬ゆめじ・うたじ「漫才」
三遊亭金八「源平盛衰記」
柳亭市馬「七段目」
この日のお目当ては市馬さんでした。
ニッコリとした市馬さんの笑顔を見て、
来て良かったなァと思う。
いつも通りの「七段目」は安定感抜群、
鳴り物入りでカッコよく。
林家正楽「紙きり」
ひょうひょうと紙を切る正楽さん。
「もみじ狩り」なんて見事だったな。
こちらも楽しいひととき。
柳家権太楼「幽霊の辻」
もう一人のお目当て、初めて聞く噺で得した。
落語特有のバカバカしさ。
いいものを聞いた。
仲入り
売店で鈴カステラ購入。
一人で食うには量が多すぎるのでした。
入船亭扇好「浮世床」
キレイな古典落語。
三遊亭歌之介「母のアンカ」
初めて見るのだけれど、そうとう笑った。
顔と声だけで面白いんだから、ズルいんだけど、
イイハナシでなァ。
泣き笑いも落語の醍醐味の一つだと思います。
予想外のひろいモノといった感じ。
伊藤夢葉「奇術」
最前列の一番前があいたので移動したら、
「(マジックに)タネがないか調べろ」なんて言われたり、
さんざんイジられてしまった。
スカしまくって、でも手品もシッカリ。
オーソドックスだけど、狂ってる。
相当面白いと思います。
三遊亭歌武蔵「胴斬り」
元力士の噺家さん、くらいのことしか知りませんでした。
相撲協会ネタの枕から、
侍に斬られて体が2つになった町人の噺で、
上半身が風呂屋の番台で、下半身が蒟蒻屋で活躍。
小噺では聞いたことがあったけど、
長くしたバージョンもあるんですな。
侍が町人を斬るシーンなんて、
大きな体を揺らしての大立ち回り。
大迫力の高座でした。
おもしろかったし、大満足。
そういえば、
若い女子のグループがいたらしく、
終始、楽しそうな笑い声が聞こえてました。
玄人さんも初めてさんも、
ニコニコと楽しめた一夜でしたしたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP