柳亭市馬

新宿末廣亭 十二月下席 昼の部〜夜の部

新宿末廣亭 十二月下席 昼の部〜夜の部
2007年12月28日(金)会場:新宿末廣亭

秋以降ペースが落ちたものの、落語を聞きまくった2007年。
といいつつ、市馬さんの「掛け取り」をきいてないという、
やり残し(聞き残し)がありまして、末廣亭へ。
柳亭市馬「掛け取り」
早足でかけつけると、すでに市馬さんの出番中。
何人も立ち見が出て、大入り満員といったところ。
ネタはやっぱり「掛け取り」で、
お上さんが去年の大晦日の話をしているところでした。
「間に合ったァ〜」と思っていると、
同じような考えの人ですかね、
後から何人もぞろぞろと入ってきました。
狂歌に相撲甚句に芝居、そして最後は、
三橋美智也の歌まで登場する、
「掛け取り美智也」バージョン。
市馬さんの芸達者ぶりに、会場からは何度も拍手が。
何もかも最高ですね。
やっぱ、これ聞かないと年の瀬って感じがしないなァ、
っていうのは大げさだけど、
この時期だけ、と思うと、聞けないのはさびしいわけでして。
会社、早引けしたかいがありました。
そのまま、夜の部も居続け。
夜の部
開口一番:初音家左吉「金明竹」
金原亭馬生「ざる屋」
近藤志げる「漫謡」
金原亭小駒「桃太郎」
橘家円太郎「強情灸」
ロケット団「漫才」
久しぶりのロケット団。
相変わらずの安定感とスベリ知らず。
桃月庵白酒「つる」
ちょっと新しい「つる」、もうけものでした。
入船亭扇治「引っ越しの夢」
翁家勝丸「太神楽曲芸」
何度も失敗、下手だよなァ〜
柳家小袁治「堪忍袋」
五街道雲助「粗忽の釘」
引越しが終わった後からの、ちょっとショートバージョン。
仲入り
と、ここまで居て、眠くなってしまったので帰りました。
ちなみに、仲入り後は、以下のような感じだったようです。
古今亭菊志ん「義眼」
柳家紫文
古今亭志ん五「浮世床」
三遊亭白鳥「ナースコール」
アサダ二世「奇術」
むかし家今松「芝浜」
帰っちゃったの、ちょっともったいなかったですね。
定席は今日で終わり、翌日の余一会で、
末廣亭の今年の興行もおしまいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10…
  2. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3…

アーカイブ

PAGE TOP