柳亭市馬

年忘れ・市馬落語集~昭和歌謡大全集~

2011年12月28日(水)会場:中野ゼロ 大ホール

春風亭一之輔「加賀の千代」
来年真打ち昇進の一之輔さんからはじまって、
着替えがあるので早めの出番の市馬さんを挟んで三三さん、白酒さんと、
落語協会の看板の若手真打ちが続きます。

中堅〜ベテランのゲストもいいですけど、
粒揃いの演者というのも良いですよね。

気の抜けたような語りの中にある毒気みたいなところが
現代っぽくて楽しい一之輔さんの落語です。

柳亭市馬「うどんや」
柳家のネタというか先代・小さん師匠のネタですよね。
きしめんみたいなうどんだな、と思いましたが、
なんかうまそうなので問題ないです。

柳家三三「質屋蔵」
ちょっと仕事で疲れてて集中して聞けなかったのでした。
三三さんは今年はあんまり聞いてないです、
巡り合わせが良くないので
来年は早々に独演会でも行くようにしてみます。

桃月庵白酒「幾代餅」
30分くらいに刈り込まれた「幾代餅」でした。
急いでいる感じでもなくテンポよく進むので気持ちがいいし、
タマに入る現代っぽいギャグがおもしろいですね、
白酒さんご自身に華があっていいですしね。

仲入り

昭和歌謡大全集
歌謡浪曲の世界(柳亭市馬)
「船方さんよ」「一本刀土俵入り」「俵星玄蕃」を披露。
とくにフルバンドでの「俵星玄蕃」は、はじめてでしたが、
カラオケとは違う迫力がありました、
この一曲だけでも来たかいがあったかも。

ゲストコーナー(昔昔亭桃太郎)
「赤いハンカチ」
「夜霧よ今夜もありがとう」
ゲストの桃太郎師匠が登場。
コスプレでの石原裕次郎の歌、
そして漫談では家元からの影響を語ります。

なつかしの歌声ヒットパレード(柳亭市馬)
「港ヨコハマ花売娘」
「君忘れじのブルース」
「イヨマンテの夜」
「花のロマンス航路」
「あこがれの郵便馬車」
「踊る」
「喜びも悲しみの幾歳月」
「丘は花ざかり」

オープニングは家元との約束、オカッパル(岡晴夫)から
白山先生を忍んで淡谷のり子先生の「君忘れじのブルース」を。
「イヨマンテの夜」の圧倒的な声量には驚きましたね。
ラストはご陽気に、全員そろって「東京音頭」でした。

管理人の独り言
これでようやく2011年分の落語感想文のポストが終わりでーす。またためはじめちゃいました。ま、いつも似たり寄ったりのないようなので急ぐこともないかなって感じですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年8月6日~2018年8月12日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年8月6日~2018年8月12…

アーカイブ

PAGE TOP