柳亭市馬

WAZAOGIろっく・おん「通好み」

WAZAOGIろっく・おん「通好み」
2008年6月10日(火)会場:内幸町ホール

前売りを買いそびれていたんですが、
やはりどうしても聞きたかったので、会社を飛び出して行ってきました。

開口一番:柳亭市朗「湯屋番」
市郎さんの途中で入場。もうすぐ二ツ目との噂も。
相変わらず汗だくでかわいらしい高座でした。
柳亭市馬「芋俵」
会場に到着した安心感と、市馬さんの語りの心地よさに、
すこし別世界へ行ってしまいました。。。
何のためにタクシーのってかけつけているのやら。

瀧川鯉昇「鰻屋」
実はナマで鯉昇さんを聞くのは初めてなんでした。
枕から、ひょうひょうとしたキャラクターでフフフと笑ってしまう。
落語の方も鰻屋の主人の妙なキャラの立ち方がおもしろい。
派手なギャグや演出がある訳じゃないのに個性的、愉快だなァ。
仲入り

柳亭市馬「天災」
なぜか武闘派な雰囲気すらただよう八五郎。
何しでかすか分からないような乱暴者の雰囲気が出ていて、
むしろ少し怖いくらい。
その後、天災を心得て浮かれた八五郎のマヌケぶりは、
「武闘派」とのギャップが激しくて笑えますな。

瀧川鯉昇「茶の湯」
なんとも面白い「茶の湯」が聞けました。
ご隠居が知ったかぶるときの「それだ!」や、
ナゾの「泡千家(あわせんけ)」なんてフレーズが楽しい。
サゲの台詞のナマリ方も良かったな。
細かい工夫が個性を作っているようで楽しい。
また聞きたいッス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年10月22日~2018年10月28日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年10月15日~2018年10月21日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年10月22日~2018年10…
  2. 落語チケット発売情報(2018年10月15日~2018年10…

アーカイブ

PAGE TOP