柳家喜多八

大銀座落語祭2008 市馬の世界/遊びの会

大銀座落語祭2008 市馬の世界/遊びの会
2008年7月21日(月)会場:みゆき館

第一部 市馬の世界
副題は「柳亭市馬オンステージ 落語と唄」。
まさにその通りの会でした。
柳亭市馬「転宅」
マヌケな泥棒とシッカリもののお菊さん、
というコントラストが楽しい。
ま、そもそも利口でもマヌケでも、
男は年中オンナにだまされている生き物であります。
けっしてお菊さんが嫌な奴になるわけでもなく、
きっちりと滑稽噺になっているので、
誰も悪モノじゃないし、後味が良いし、楽しい。
昭和歌謡大全集
歌:柳亭市馬 司会:加藤浩 アコーディオン:杉浦政夫
すっかりお馴染みの市馬さんによる、昭和歌謡オンステージです。
踊る司会者、ハニかむ伴奏者(アコーディオン)という、
いつもの3人が、銀座の地下でイキイキとしています。
デビューCDから「俵星玄蕃~元禄名槍譜俵星玄蕃」
「あいてえなぁ ふる里に」も披露、充実の高座&唄でした。
第二部 遊びの世界
第二部は普通の(笑)落語会です。
橘家文左衛門「雑俳」
はじめて見る文左衛門さん。
ぱっと見た感じルックスが怖いけどおもしろかったな。
ギャグ満載の「雑俳」でした。
柳家喜多八「あくび指南」
高座に上がる姿が極端にケダルそう。
でもダルそうに出てきたわりには落語は熱演。
リズミカルにボケる生徒など、
場合によっては退屈なハナシなんだけど、
大きな笑いが会場を包んだのでした。
噺が終わってからは、倒れそうになりながら、
ダル〜く高座を降りていく喜多八さんでした。
春風亭一朝「紙屑屋」
仲入り
疲れと空腹により、ココでリタイア。
寿司を食って帰りました。
その後の会場は、、、
林家正楽「紙切り」柳家小さん「茶の湯」
でした。
ホール落語になれている体には、
全体的に大銀座の会は長いですよね。
と、文句ばっかり言ってるわりには、
タンノウしていますけども。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年8月6日~2018年8月12日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年8月6日~2018年8月12…

アーカイブ

PAGE TOP