柳亭市馬

市馬落語集 道頓堀の灯

2013年6月10日(月)会場:銀座ブロッサム中央会館

柳亭市也「牛ほめ」

笑福亭鶴瓶「死神」
大阪からのゲストを迎えてのブロッサムの会です。
大阪東京を飛行機で移動して、
高座が終わったら大阪にトンボ返りとのことです。

テレビタレントらしい華がある枕から、
ドラマチックな改作になっている「死神」へ。
ミステリー調でもあるしドラマが追加されていて
現代的でお客さんにはウケる噺ですかね。

仲入り

若井ぼん・正司敏江「漫才」
正直、面白さとイキオイに圧倒されました。
市馬師匠の会にゲストで呼ばれる「大先輩」については、
ホントにいつもそうなんですが、年齢よりもキャリアというか、
とにかくすごいな、と感じる方が上回るんですよね。

やはり売れた人は違うなって思うんですけども、
そういうエッセンスが随所に光っていて、
とくに敏江師匠のエンジンがかかって来た
後半以降は腹抱えて笑いました。

柳亭市馬「唐茄子屋政談」
若井ぼん・正司敏江について。
楽屋でおしゃべりして
疲れちゃうんじゃないかと思ったけれども、
舞台ではもっと元気だった、なんてハナシから。

珍しい人情噺で、
滑稽噺のリズムではない市馬師匠は珍しいと思います。

やはり聞き所は吉原田んぼですかね。
口三味線からはじまって、唄を交えての吉原を回想するシーン。
見事に遊び場の粋なムードを醸し出していて、
さらに勘当になってもちっとも懲りていない徳三郎が
イキイキとしていて良いですよね。

とくにこのシーンがないと
ただの良いハナシになっちゃいそうな気もします。


管理人の独り言
梅雨に入ってジメジメしてきましたけども部屋干しするひとが増える以外はそんなに嫌いじゃないです。仕事はホドホドにしてガンプラつくって過ごしたいです。


「夜行列車/別れの波止場」柳亭市馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP