柳亭市馬

浅草演芸ホール 五月上席 夜の部

2017年5月6日(土)会場:浅草演芸ホール

普段やらないことをと衝動的に浅草で着物を買いまして、どうせなら寄席に行こうということになりました。
ベタなことをしている気恥ずかしさとか、袖がぶらぶらしたり、帯も段々キツく感じてきたりで慣れないことばかりでしたが楽しかったです。

林家正楽「髪切り」
お客さんの無茶振りリクエストにも淡々と応える安定のスキル。
「バードウォッチング」というお題の「なんでそれ…感」がすごかったです。

柳家権太楼「つる」
上野の夜の部でトリを勤めている権太楼師匠は短くてかわいい「つる」でした。

仲入り

三遊亭歌奴「初天神」
団子屋のみ登場の「初天神」でした。

林家ぺー「漫談」
ぺーさんの漫談を見たのも初めて(のはず)です。
ダジャレと毒のあるギャグがゴチャゴチャになっているスタイルで、けっこうウケてしまいました。

隅田川馬石「元犬」

柳家小里ん「親子酒」

柳家さん喬「短命」
情緒ある季節の挨拶だけして下がろうとするギャグを二回繰り返す枕から「短命」へ。
さん喬師匠の町人のかわいさが妙に刺さりまして、もうちょっと長く聞きたかったなぁと思える感じでした。

鏡味仙三郎社中「曲芸」
いつ見ても楽しい太神楽です。傘でボールや升を回すよくあるやつですが、あれってどのくらい難しいのかわかりにくいのがいつも気になります。
もちろん簡単そうに見えるだけだと思うんですが…

柳亭市馬「寝床」
小三治師匠の代演の市馬師匠です。

短くて笑いの多い落語が続いていたのもあって、ホッとするような高座でした。

しかしめちゃくちゃな噺ですよね。
まるでジャイアンリサイタルみたいな災難が降りかかる訳ですが、お金も権力もある旦那が暴れるからタチが悪いです。

サゲの定吉による一言で旦那も一度は我に帰ったかもしれないですが、やはり懲りないのだろうな…という余韻を残しているようで大好きな噺です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP