柳家小三治

鈴本演芸場 新春爆笑特別興行 正月初席前半 第三部

鈴本演芸場 新春爆笑特別興行 正月初席前半 第三部
2009年1月4日(日)会場:鈴本演芸場

お正月の寄席は、顔見世興行ということで、
凄くたくさんの芸人さん(噺家、色物)が
入れ替わり立ち替わり登場します(ただし一人の持ち時間は少し)。
という噂を聞きつけて、生まれて初めて行ってきました。
三増紋之助「曲独楽」
幕開きはおめでたい「曲独楽」から。
柳家福治「漫談」
柳家小えん治「漫談」
柳亭左龍「漫談」
売り声の漫談。
金原亭伯楽「漫談」
学校寄席などで落語の解説用に演っているらしい、
落語の解説的な小噺。
昭和のいる・こいる「漫才」
けっこうタップリ聞けたのが、のいる・こいる先生。
歌も聴けたし満足。
柳家小里ん「手紙無筆」
ごく短いバージョン。
桃月庵白酒
テッパンでおもしろい猿のドライブの小噺。
金原亭馬生「漫談」
春風亭正朝「漫談」
入船亭扇橋「つる」
ココでガッツリ一席演ってしまいます。
柳家小菊「粋曲」
寄席スタンダードナンバーシリーズから、
お馴染みのところを二、三曲。
柳家さん喬「初天神」
お正月といえば、という噺。テンションの高くて良かった。
三遊亭金馬「漫談」
仲入り
太神楽社中「壽獅子」
おめでたい獅子舞が見られました。
いやァお得というか、豪華というか。
柳亭燕路「狸札」
江戸屋小猫「動物ものまね」
今年は、師匠の名前「猫八」を襲名ということで、
お客さんの歓声も。初めて生で見られて嬉しかったな。
柳家花緑「漫談(小さんと大阪)」
柳家権太楼「漫談」
林家正楽「紙切り」
柳家小三治「時そば」
寄席の新年という味わいの簡単な冗談を言って、
湯呑みをすすった後、すぐに噺の方へ。
単なる仕込みで終わらない前半のそば屋は、
なんともいえないリズムとメロディ、
落語ならではのニュアンスが心地よい高揚感。
そばの熱さを小さい芝居で表現したり、
「プロフェッショナル」な押さえ気味の前半から、
笑いの連続の後半へ。
マズいそばを食った後は
必殺の顔芸でガッチリとツカみます。
あとマズいそば屋の屋号のクダリで、
矢が二本で「やや」って言うのは、
まったく意味不明で笑ってしまいました。
顔見世興行ってのは、思ったよりも楽しいですなァ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年5月22日~2017年5月28日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年5月22日~2017年5月2…

アーカイブ

PAGE TOP