柳家小三治

第九十七回 朝日名人会

第九十七回 朝日名人会
2010年3月20日(土)会場:有楽町 朝日ホール
柳家花いち「転失気」
柳家三之助「芝居の喧嘩」
ロビーで聞いてました。
いよいよ新真打ち、というタイミングでの登場です
朝日名人会ってこういう顔見せっぽい出演が、
なんか好きなんですよねェ。
三遊亭歌武蔵「植木屋娘」
いつものツカミを一人しきり。
噺の方は聞いたことないな、と思っていたら、
上方の噺なんですかね。
古今亭志ん橋「花色木綿」
仲入り
林家正雀「豊竹屋」
いろーんな小噺を連発しながら噺に入ります。
小三治さんの次に楽しみにしてたんだけど、
ほとんど覚えてないです、、、なんでだろ。
義太夫と口三味線のくだらないギャグの応酬。
この噺は圓生師匠の録音があるみたいですね。
聞いてみようかな。
柳家小三治「品川心中」
深夜に駐車場の件で揉めたハナシ。
鰍沢に行く途中で事故った、などなど、
おもしろいけど、関係ないハナシなのが相変わらず。
噺の方は珍しくて、
小三治さんがネタ出しして演るのも、
この会くらいなので、がんばってチケット買った次第です。
金蔵が仕返をする「下」までは演らずに「上」のみの口演。
噺の中に登場するギャグは悲劇を茶化しているような、
ノンビリした言葉が多くて楽しいです。
「そこにあるのは雑巾です」はくだらないですねェ。
それ以外にも「女郎買いの決死隊」や
「居眠りの競争している」などなど。
小三治さんは、ゆっくりと間を取って
割と淡々と語っていますよね。
誰かの記録を見ていたら、
枕込みで50分演っていたみたいですが、
長さは全く感じなかったです。

管理人の独り言
家元(談志)のサイトで、購入商品へのサイン入れが復活していますね。6月にはDVDも出るみたいです。
復帰も現実味が増してきているような気がします。良かった良かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年5月22日~2017年5月28日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年5月22日~2017年5月2…

アーカイブ

PAGE TOP