柳亭市馬

市馬・喬太郎 二人のビックショー

市馬・喬太郎 二人のビックショー
2007年9月7日(金)会場:練馬文化センター

寒空はだかさんの登場と同じくらいに会場入り。
(開口一番:柳亭市朗「子ほめ」)
寒空はだか「真空ギター(歌うスタンダップコミック)」
「ジャンジャン」「ツカツンチャン」
「ズズズチャ~ン」など
お馴染みのオカズを入れながら、
オリジナル曲、替え歌を歌いまくります。
いとしこいし的な兄弟漫才のネタが強烈だった。
あと、ラストの「東京タワーの歌」で
会場から自然と手拍子が。
この歌好きだなァ。
なんとかして流行らないかな。
柳亭市馬「お化け長屋」
彦六、馬生、小さんとの思い出を枕で披露。
噺の方は、よい心持になってしまう
「お化け長屋」というのも変だけど、
市馬さんの落語らしい、
真っ直ぐな江戸っ子が沢山出てくる。
形は同じでも、小三治さんとは、
ぜんぜん違うのだから、落語っておもしろいなァ、
とかって分かったような感想でスイマセン。
仲入り
ここで仲入りって、ずいぶん豪華です。
たっぷりな会。
アニマル家馬夫・豚夫「歌謡漫才」
市馬さん(馬夫)と喬太郎さん(豚夫)の漫才。
ご本人のキャラとは真逆な、
馬夫のキャラ設定がまず笑える。
ひょうひょうと毒舌を吐きまくって、
豚夫が突っ込むのを基本にネタが進みます。
モノマネで「本人が絶対言わないこと」を言う、
なんてネタがありますが、ほとんど同じで、
いちいちオモロいです。
たまにだからイイんだろうけど、もっと見たいですな。
たとえば、
インリンってのはエロくて、
私けっこう好きですな、
とか市馬さんがニコニコで言ったら、
爆笑だろうなァ。
(もちろんコレは言ってません)
ハナシは戻って、漫才の方は、
西武線沿線を船で渡りながら、歌ってボケる、
歌謡漫才へ。市馬さんが歌いまくる。
昔昔亭桃太郎「ピーチトーク(柳昇物語)」
出てくるなり「漫才が長いから持ち時間が15分」と
ボヤきながら、爆笑をとる。
落語で客を泣かせてくれ、とリクエストされたハナシ。
「『転失気』で泣かせてみようか」なんてギャグも。
泣きたくて落語を見るなんて、
たしかに変なハナシですよねェ。
その後は師匠・柳昇を語る「柳昇物語」を手短に。
なかでも凄いな、と思ったのが
「コーヒーカップの持ち手が内側にあったら飲みにくい」
というギャグ。
「コーヒーをカップの外に注がなくちゃいけない」
「カップの外は広い」だって、このギャグは凄い。
柳家喬太郎「彫師(ほりし)マリリン」
まず「世間で思われているほど、
私はキャバクラ好きではありません」との宣言。
※この時「中途半端なんだよ!ヌキはねぇし!」
と言った後、少し後悔したっぽかった(笑)
数人の噺家でフィリピンパブに行ったとき、
何気に市馬さんは楽しそうにしていた、とか。
で噺の方は、、、くだらないですねェ。
もう、くだらないのが落語です。
そういう意味では王道でしょうかね。
それにしても喬太郎さんの新作に出てくる、
壊れた感じの女子は、どれも出色の出来ですな。
盛りだくさん、たっぷりの会でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12月24日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年1月1日~2018年1月7日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年1月1日~2018年1月7日…
  2. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12…

アーカイブ

PAGE TOP