柳家喬太郎

国立演芸場 三月上席

国立演芸場 三月上席
2008年3月2日(日)会場:国立演芸場

喬太郎さんがトリの国立演芸場へ。
微妙に寝坊してロケット団さんの出番から入場。
開口一番:柳家小ぞう「金明竹」
入船亭扇里「ぞろぞろ」
ロケット団「漫才」
いつものツカミから、新ネタまで、
四字熟語のネタもアップデートされていて、
大いにウケる。おもしろかった。
桃月庵白酒「代脈」
かわいらしい風貌から、ポツポツと
どこかひょうひょうとした雰囲気が楽しい落語。
変態な銀杏がキャッキャとはしゃいでいて、
愉快でした。
柳家亀太郎「三味線曲弾」
三味線を肩にのせて弾いたり、一風変わった三味線芸。
はじめてみましたね。
三遊亭吉窓「長屋の花見」
落語の後、寄席の踊りを披露。
芸者が朝起きてから寝るまで、
ルックスに似合わない細々とした動き、
客席は大いに盛り上がったのでした。
仲入り
カンジヤマ・マイム「パントマイム」
だるま食堂の代演は「おしゃべりなパントマイム」
カンジヤマ・マイムさん。
ロボットの指揮者から、りんごの食べ方、
歩き方の話などなど。
客席は「ほぉう」となったり、爆笑したり、
大いに盛り上がったステージでした。
三遊亭金八「源平盛衰記」
実は2度目になる金八さんの「源平〜」、
とにかく「コレでもか」というイキオイで時事ネタをブチこんで、
トントントントーンとテンポ良く進む落語。
講談パートもソツなく、歯切れ良くこなしていて、
好印象なのでした。
翁家勝丸「太神楽曲芸」
わりかし大技(っぽいの)もくりだした気がする。
脱力系曲芸の大家。早くも大物です。
柳家喬太郎「按摩の炬燵(あんまのこたつ)」
山吹色の着物で登場した喬太郎さん。
久しぶりに聞いた噺で、前回よりも堪能しました。
酔っぱらった按摩さんの愚痴が、
按摩さんのなのか、喬太郎さんの愚痴なのか、
ない交ぜになりながら、爆笑をとっていく、
自由自在な高座という感じで、
なにより「本当に満足した〜」という会場の空気が心地よかった。
酔っぱらった人を炬燵のかわりにして暖まろうなんて、
落語ならではの話でヘンテコです。
そんなヘンテコな嘘も、
なんとなくありそうなことのように聞いてしまう
っていうのも落語の不思議だなァ、なんてことも思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年8月20日~2018年8月26日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年8月20日~2018年8月2…

アーカイブ

PAGE TOP