柳家喬太郎

喬太郎伝説

喬太郎伝説
2008年7月18日(金)会場:世田谷パブリックシアター
早々に「双蝶々」とネタ出しされていて、
興奮しつつチケットをとった会です。
「双蝶々」といえば、志らく師匠の高座が好きで、
本当に感動した覚えがあって好きなんですよね。
といいつつ、モロモロあって遅れて入場、
いつものようなクダケたマクラの最中で、一安心。
(聞けなかったのは、柳家喬之助「持参金」
柳家喬太郎「純情日記渋谷篇」
「やっぱり、そうめんじゃなくてひやむぎ」なんて
夏の風物詩のハナシ。
落語の方も自由自在、途中ウトウトしながら聞いてたら、
断片だけ聞いてても何がなんだかわかりませんでした、トホホ。
林家正楽「紙切り」
OHPっていうんですか。切った作品をスクリーンに映し出します。
相合傘、線香花火、忠犬ハチ公、喬太郎さん(これは劇似)、
大銀座落語祭(6人のシルエット)、かぐや姫、朝顔市
どれも良かったなァ、すごく盛り上がりましたね。
仲入り
あらためて会場を見回してみると、ものすごく良い雰囲気。
舞台上の高座もシンプルで、見やすくて、イスもいい。
駅から近いし場所もいいですよね。
柳家喬太郎「双蝶々」
私的な結論から言うと作品としては
志らく師匠の「双蝶々」の方が好きなんですね。
喬太郎さんの高座は、演技力というか、
表現のすばらしさが際だっていて、
これが出来るのって、やっぱ喬太郎さんだけだよな、なんて、
今の落語シーンの充実ぶりを思いました。
途中、シーンによって照明を変えたり、
ラストシーンではバックに雪の降る映像を映したり。
いままでの喬太郎さんの会では
見たことがなかった手法が目立った高座でしたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年3月12日~2018年3月18日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年4月9日~2018年4月15日)
  3. 落語チケット発売情報(2018年4月16日~2018年4月22日)
  4. 落語チケット発売情報(2018年4月2日~2018年4月8日)
  5. 落語チケット発売情報(2018年3月19日~2018年3月25日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年4月16日~2018年4月2…
  2. 落語チケット発売情報(2018年4月9日~2018年4月15…
  3. 落語チケット発売情報(2018年4月2日~2018年4月8日…
  4. 落語チケット発売情報(2018年3月19日~2018年3月2…
  5. 落語チケット発売情報(2018年3月12日~2018年3月1…

アーカイブ

PAGE TOP