柳家さん喬

きょんスズ(2日目)

2013年4月12日(金)会場:ザ・スズナリ

柳家喬四郎「立てこもり犯」
今年真打ちに昇進とか、、、

柳家喬太郎「捨て犬」
喬四郎さんの真打ち昇進について
小言のようなボヤキのようなハナシから。

下北沢や小演劇への憧れだったり子ども時代の思い出など
情景をたっぷり語った後、
一人芝居のような現代物の新作「捨て犬」へ。

OL同士の会話の途中で
「こういう演じ方古いんだけどこれしか出来ない」なんて
独り言を言っていましたが、
全編がまさに喬太郎さんの芝居という感じでしたね。

人から犬になった、というキャラクターは
さすがの表現力とかわいらしさです。
これは、みんな好きになってしまいますよねェ。

柳家さん喬「天狗裁き」
簡単に新作落語って出来てしまう、
なんていくつかモチーフを語ったりしながら、
喬太郎さんを弟子にした当時のハナシなど。

「声を張り上げるのは押し付けがましいのでやめた方が良い」とか、
お客は新作の人間に古典を求めることが多くて、
いかに古典を壊すかが期待されていたりするけれども
「喬太郎はそういうことはしない」なんてハナシもありましたね。

仲入り

柳家喬太郎「鬼背参り」
舞台は(たぶん)江戸時代の新作。なんとも怖い噺です。

情みたいなものが執念深くからむところが現代っぽく、
女の情念が男を襲う、という辺りが、男から見ると救いがなく、
古典落語は男に都合良く出来ているものが多かったりしますけど、
そういった部分もありつつも、救いがある訳ではない、という部分が
今っぽくて良いなと思いました。

熱演という感じでお客さんは大満足でしたね。

落語というよりイッセー尾形さんの舞台なんかに近いな、と
一人芝居としてはおもしろいなと思いました。

べつに落語であるかなんてことは
楽しさを語る上ではどうでも良いことなので。


管理人の独り言
急にさむいですね。ひたすら家に居る感じです。末廣亭なら、、、なんて思って調べると芸協なんですよねェ。東京かわら版かってないから今日明日の落語会が検索できる機能ほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年10月15日~2018年10月21日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年10月22日~2018年10月28日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年10月22日~2018年10…
  2. 落語チケット発売情報(2018年10月15日~2018年10…

アーカイブ

PAGE TOP