柳家さん喬

第20回 らくだ亭 東西落語・華の特選会

第20回 らくだ亭 東西落語・華の特選会
2009年5月16日(土)会場:日本教育会館 一ツ橋ホール

さん喬一門(さん喬、喬太郎、左龍)に
上方から都丸一門(都丸、都んぼ)が加わって、
お得というか、てんこ盛りというか、
なんだか分からないけどたっぷりな会でした。
前日、寝るのが遅く、途中から。
(聞けなかったのは柳亭市楽「真田小僧」
桂都んぼ「堪忍袋」
都丸さんのお弟子さんの都んぼさん。
まずは、都んぼって名前どうですか?
昆虫の名前で呼ばれたことあります?なんて、
話題でドカンドカンと笑いが。
大阪の芸人さんらしい、にぎやかさと華やかさで、
会場をわかせます。
柳亭左龍「甲府い(こうふい)」
上方の都んぼさんとは、
明らかにトーンの違う、左龍さん。
前に喬太郎さんが、さん喬さんから
「古典は左龍に託したから」と冗談で言われていましたが、
艶のある声のトーンに特徴がある、
江戸落語らしさのある、キレイな落語を演ってくれます。
そんな左龍さんに、
「先は長いので無理せず、寝てもかまいませんよ」
なんて優しく言われると、、、自然に、、、
柳家喬太郎「路地裏の伝説」
楽屋で「今日の客層がつかめない」と話題です、と
笑いをとりつつ、枕も短め。
五代目小さんの祥月命日だった、この日。
お墓参りをして、なんてハナシから、
故人を忍ぶ場の雰囲気も年数とともに変わるし、
集まって昔話やら、あれこれ華が咲いて、、、と
新作の「路地裏の伝説」へ。
この後は古典が続くだろうし、
よいアクセントになっていたのでは。
仲入り
桂都丸「青菜」
来年に襲名があって
都丸さんは4代目 桂塩鯛(しおだい)となるとのこと。
ただ、この名前を誰も知らないし、
塩に鯛なんて変な名前だし、と笑いをとる。
名跡であるはずの「塩鯛」をめぐる、
米朝師匠の言葉など、楽しいハナシ。
あとは(同時に襲名・改名する)お弟子さんたちの
名前に、なぜか嫉妬したり。
笑ってしまいますね。
「青菜」の方は定番って言って良いんでしょうか。
上方の噺家さんの、この噺は良く聞きますね。
柳家さん喬「船徳」
カラフルだった客席は、だんだん白っぽい服装が増えてきて
夏の訪れを感じますね、なんて季節の枕。
相変わらず独り言みたいな枕なんですが、
お客さんはジンワリ受け止めている気がします。
若旦那の活躍というかドジ話の「船徳」。
世の中ぜんぶに甘えても
許されちゃうようなトコロが若旦那らしく、
船のお客も早々にあきらめちゃいます。
若旦那って何もできなくて、
どうしようもない人間だけど品は良いし、
どこか粋みたいなものが感じられるから、
しょうがないなァと
許されちゃうのかもしれないですね。
会は3時間あまりで終了。
ロビーではらくだ亭かもめ亭のチケット販売。
この後、国立演芸場のワザオギ落語会にも
行く人多いんだろうな、と思いながら
僕も半蔵門線で永田町へ向かいました。

管理人の独り言
週末の時間を使って少しブログを改造してみました。右側の矢印のアイコンとか、細かいモロモロです。
最初にテンプレート作ったときからやりたかったことなので、2年越し、、、そんな寝かすことじゃありませんが、ナマケものなんでしょうがないですね。
ホントは携帯で見られるようにしようかなと思ってたんですが、それはまた追々やります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年3月19日~2018年3月25日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年4月16日~2018年4月22日)
  3. 落語チケット発売情報(2018年4月2日~2018年4月8日)
  4. 落語チケット発売情報(2018年3月12日~2018年3月18日)
  5. 落語チケット発売情報(2018年4月9日~2018年4月15日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年4月16日~2018年4月2…
  2. 落語チケット発売情報(2018年4月9日~2018年4月15…
  3. 落語チケット発売情報(2018年4月2日~2018年4月8日…
  4. 落語チケット発売情報(2018年3月19日~2018年3月2…
  5. 落語チケット発売情報(2018年3月12日~2018年3月1…

アーカイブ

PAGE TOP