柳家喬太郎

柳家喬太郎 横浜開港150周年記念独演会(二日目・夜)

柳家喬太郎 横浜開港150周年記念独演会(二日目・夜)
2009年6月27日(土)会場:横浜にぎわい座

というわけで(どういうわけ?)
昼夜公演の夜の部にも行ってきました。
前の日の夜と、この日の昼の部までは、
堀井健一郎さんを見かけたが、
さすがにもういないっぽかった。
(空き時間にちょっとイロイロして、
柳家喬四郎「つる」が終わってから入場)
柳家喬太郎「幇間腹(たいこばら)」
もう何のハナシしてたっけな、
細かいことは良いですよねェ。
前座修行を一緒にしてた仲間と、
会ができるのはうれしい、なんて
ハナシしていたかな。
芸人は辛いよ、って噺の「幇間腹」へ。
若旦那は意地が悪くて、やりたい放題。
かなり怖い人として語られてますよね。
猫のたまが可愛く演じられているのが、
楽しいんだけど、結局針を打たれて死んじゃうのが、
スピルバーグなみの残酷な演出。
若旦那の狂気を匂わせてうるようです。
古今亭菊之丞「青菜」
豪華客船で落語を演る「船の仕事」で
横浜にはゆかりがあるとのこと。
梅雨の谷間の真夏日だった、この日にぴったりな、
夏の噺でした。
キレイだし、スピードが感があるというか、
聞いていて心地良い感覚もあって楽しい落語。
「青菜」自体は、前半にギャグが少ない分、
後半のオウム返しのところでドカンドカンと来ますね。
仲入り
柳家喬太郎「横浜開港150周年記念落語」
これで2日で3回目。しかし、驚くのは、
ギャグ意外の部分も細かく変わっていくなァというトコロ。
途中までの刈り込みは、昼の部と大きく変わらず、
ラストに向かって、見えてきたテーマをより言葉で、
補足したり強調したり、という感じだったでしょうかね。
これだけ集中して一つの噺、それも新作(創作)を
客前で演るという機会もあまりない気もするので、
(SWAとかはそうなのかもしれないけど)
何度も同じ噺聞いてシンドイっていうのも、
それほど感じないですね。
ま、たいした内容じゃなくて申し訳ないんですが、
律儀にこれ書いているのって、偉いなと思います(オイオイ)。

管理人の独り言
一昔前までは夢中になってた雑誌って結構あったのですが、さいきんはメッキリ少ないというか。自分にとって新しいモノコトを教えてくれる雑誌って、少ないんですよね。
はてなブックマークのホットエントリーとかの方が、よっぽど面白かったりするし。
そんな中、数少ない大好きな雑誌の一つがSpectatorです。10周年を迎えるとのことで、最新号の「親愛なる読者様へ」というテキスト、めちゃくちゃカッコイイんですよね。
いま自分が仕事でやってること、やっぱ違うなァ、とか青臭いことを思ったり、、、いつまでも青臭いなァ、自分。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP