柳家喬太郎

喬太郎・鯉昇・桃太郎 三人会

喬太郎・鯉昇・桃太郎 三人会
2009年11月25日(水)会場:練馬文化センター
定期的に開催される夕刊フジ主催の桃太郎さんの会。
このメンバーはオモロシロそう、と
仕事もそこそこにアタマから参加。
開口一番:瀧川鯉ちゃ「新聞記事」
鯉昇さんのお弟子さんとのこと。
昔昔亭桃太郎「らくだ」
お馴染み「体臭芸能」のツカミから。
ごくごく自然に「らくだ」が始まったので
ビックリしてしまいました。
もうね、これは不思議というか、なんというか。
新しすぎて全編笑えるか沈黙かは別れるところかも。
この日がネタ卸しだったのとことで、
近くに予定されている
「さん喬・権太楼」の準備のようでした。
仲入り後のトークショーで、
冒頭から「つたない『らくだ』ですいません」とか、
「演りたくなかった」とか言っているのを聞いて、
なんだか(今よりも)すこしだけ桃太郎さんが
好きになりました。
柳家喬太郎「幇間腹(たいこばら)」
いつものB級グルメトーク、これ好きなんだよなァ。
かつ屋がどうのとか、夜中にたくさん食べちゃったとか。
噺家は客席と舞台が分かれているから、
距離があるから良いけど、なんて言い出したので
「幇間腹」かァ、と先読みしていたんですが(クセですよね、これ)、
いったん話は脱線。
木久蔵(二代目)の姉さんの誕生祝いに
座敷に呼ばれた、とかいう
変わったエピソードが披露されたのでした。
彼のことは、みんなが好きになりますよ、と
木久蔵伝説的なエピソードを披露。
ウツワが違うというか、なんというか。
噺の方は、いつもどおり気持ちの悪い若旦那が活躍、
猫とタイコモチにとっての大変な悲劇なのでした。
瀧川鯉昇「二番煎じ」
ぐっと、なにも喋らないで笑いをとる、
いつものツカミから。
この噺といえば、もう役人が入ってきてからの
メッチャクチャぶりが、そうとう面白いんですよね。
で、「宗助さんが」これですよね、
そして仲入り前にして21時(開始19時です)を
迎えようとしているのでした。
仲入り
喬太郎・鯉昇・桃太郎「トークショー」
もうしっちゃかめっちゃかのトークショー。
落語芸術協会の理事(桃太郎さん)と幹事(鯉昇さん)の
ハナシとかしていましたね。
あとは、、、「覚えてないなァ」ってことの方が良さそう。
その場にいた人たちのお楽しみですね。
そして突然、桃太郎さんから「そろそろ打ち上げの時間」と
流れ解散の指示があり終了となりました。。

管理人の独り言
年末あまりイベントのない自分に朗報が。クリスマスイブの鈴本のトリは市馬さんのようです。いやーこれはすごいですな(笑)
市馬さんのサイトに書かれていました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2018年1月1日~2018年1月7日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12月24日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年1月1日~2018年1月7日…
  2. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12…

アーカイブ

PAGE TOP